吹田市資源リサイクルセンター くるくるプラザ

※当ページの情報は2005年頃に作成したものです。

吹田市資源リサイクルセンター「くるくるプラザ」は、ごみの再利用、啓発、研究のための施設で、ごみの減量、再資源化および再生利用を図り、快適な生活環境づくりと循環型社会を形成するため、市民のリサイクル活動を推進する拠点施設です。 1992年にオープンしました。

くるくるプラザには、衣類のリフォームやガラス製品、木工製品の作り方などを指導員がアドバイスし、リサイクル活動が体験できる「市民工房」、ごみ問題について市民と大学教員などが研究活動を行う「研究所」、不要になったものを持ってきたり、持って帰ったりする場「あげます・もらいますコーナー」などがあります。

万博外周道路から
モノレール公園東口駅から

また、市民工房でつくられた成果品や、再生された自転車を販売したり、リサイクルに関する実践教室、講演・講座、その他さまざまなイベントが行われています。

建物は、くるくるプラザと吹田市 破砕選別工場(燃焼ごみを除く、ごみの分別処理施設)と一体となって建てられ、1~3階が破砕選別工場、4・5階がくるくるプラザになっています。この建物は、吹田市 北工場(ごみ焼却施設)と隣接しています。なお、この北工場の古い部分は、1970年の日本万国博覧会(大阪万博)で出たごみを処理するためにつくられています。

吹田市北工場
吹田市北工場、万博から残る部分

開館時間

9:00~17:00

休館日

  •  毎週月曜日
  • 祝日、祝日の月曜日の翌日
  •  年末年始

入館料

入館無料 (イベントなどに参加する場合は、費用が必要な場合があります。)