大阪府立国際児童文学館

※当ページの情報は2005年頃に作成したものです。

国際児童文学館は、児童文学・児童文化に関する情報資料センターで、国際的な規模で児童文学の関係資料を収集する国内で唯一の研究機関です。1984年5月5日、万博終了後に開館しました。

正面入口

同館では、児童文学を中心に児童文化に関する図書・雑誌などを幅広く収集・保存するとともに、児童文学などについてさまざまな相談に応じており、児童文学についての図書館として利用することができます。

正面にある夢の池対岸から
裏側にあるレストラン

子どもの本を閲覧できるこども室、蔵書を閲覧できる閲覧室は無料で開放されており、こども室の本は貸し出しもしています。子どものための人形劇等各種の催し物を行ったり、児童文化に関する講座・講演会等の開催も行っています。

追記:大阪府立児童文学館は大阪府立中央図書館(東大阪市)に移転、統合されました。

開館時間

9:30~17:00 (閲覧・複写請求は 16:00 まで)

休館日

  • 毎週水曜日 (祝日の場合は翌日)
  •  毎月月末日 (月末日が水曜日の場合はその前日)
  •  年末年始 (12月28日~1月4日)
  • 特別整理期間 (毎年2月ごろ)

入館料

入館無料 (複写、特別閲覧室、講堂の利用には別途料金が必要です。)

アクセス

  • 自然文化園東口の横から自然文化園の北側の道路(歩行者・許可車両専用)を西へ歩いてください。
  • 自然文化園内を通り抜けるには、別途自然文化園の入園料が必要です。