ホテル阪急エキスポパーク

※当ページの情報は2005年頃に作成したものです。

ホテル阪急エキスポパークは1990年、オオサカサンパレスとして開設され、大阪府の関連団体が運営していました。2004年4月からは、阪急第一ホテルグループのホテルに生まれ変わりました。

万博公園側

98室の客室のほか、25m の温水プールなどを備えるフィットネスプラザ、国際会議にも使える多目的ホール、結婚式場、チャペル、レストランなどもあります。

万博公園中央駐車場、エキスポランドに隣接し、遠方から万博に来られた場合には便利な宿泊施設となっています。ツインの全室から太陽の塔が見え、自然文化園を一望できます。また、館内のレストランは万博公園の数少ない飲食施設でもあります。

外周道路側正面玄関

ホテル阪急エキスポパークについて詳しくは、公式サイトをご覧ください。
http://www.htl-expopark.jp/