迎賓館

※当ページの情報は2005年頃に作成したものです。

迎賓館は、1970年の日本万国博覧会(大阪万博)のときに、外国の元首や内外の貴賓の接待、参加国のナショナルデーなどに利用された施設です。閉幕後も結婚式場、宴会場などとして利用されていましたが、2000年にリニューアルが行われて教会、テラスが整備され、本格的に結婚式・披露宴、宴会、パーティなどに利用されるようになりました。

迎賓館は、日本庭園の西の端の上代庭園地区にあり、万博開催時からある本館は寝殿造りの様式を取り入れた建物になっています。2000年6月にリニューアルが行われ、「風詩の教会」(Chapel of Verse)や「テラス」がオープンしました。また、2004年には本館のリニューアルが行われ、さまざまな形式のウェディングに対応できるようになりました。

迎賓館について詳しくは、以下の公式サイトをご覧ください。
http://www.geihinkan.com/