JR岸辺北口の新しい施設は「ビエラ岸辺健都」に決定。スーパーは平和堂、フィットネスクラブとしてグンゼが出店します。

JR西日本が、岸辺駅の北口の北大阪健康医療都市(健都)で建設している新しい駅ビルの名前が「VIERRA(ビエラ)岸辺健都」に決定しました。

また、中核となる店舗として、平和堂のスーパーと、グンゼスポーツのフィットネスクラブが出店することも発表されました。

VIERRA岸辺健都 外観イメージ

4月にJR西日本、JR西日本不動産開発、平和堂、グンゼが一斉に発表しました。

平和堂は滋賀が発祥のスーパーマーケット。近くでは、岸辺駅南口に「フレンドマート岸辺店」を営業しています。ビエラ岸辺健都へは「(仮称)フレンドマート健都店」として1階に出店予定です。

また、グンゼのフィットネスクラブは、昨年千里丘に「グンゼスポーツ吹田ミリカ」がオープンしています。岸辺には、「(仮称)グンゼスポーツ岸辺」としてビエラの5階にオープン。設備としては、マシンジム、スタジオ、プールなどが挙げられています。ランニングステーションとしての利用や健康に関するセミナーの開催など、健都らしい取り組みも検討されています。

ビエラ岸辺健都は、9階建ての建物で、スーパー、フィットネスクラブのほかに、ビジネスホテル、クリニックや薬局などが出店する予定となっています。ビジネスホテルは「カンデオホテルズ」となることがすでに発表されています

なお、施設のオープンは2018年秋の予定です。

各社の発表

この記事へのコメント(掲示板)

  1. フレンドマートがJR岸辺北口にも出来るそうですが、
    JR岸辺南口にもフレンドマートがあり、
    ポイントカードも持っているが、
    ペットボトルを入れて当たったらエコバックももらえるが、
    一度だけピンクのエコバックがたまたまもらえました。

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.