URが千里山団地の土地を売却する方針を発表しました。

都市再生機構(UR)は、「千里山団地」の土地の売却方針を発表しました。阪急千里山駅前で行われていた再開発「団地再生事業」が概ね完了し、空き地となった部分が売却されます。

UR 千里山団地の売却予定地(UR発表の内容をGoogle Mapに重ね合わせ)
UR 千里山団地の売却予定地(UR発表の内容をGoogle Mapに重ね合わせ)

売却されるのは、吹田市千里山虹が丘、月が丘、霧が丘にある4つの区画。狭い土地で約1400平方メートル、最も広い土地は約23000平方メートルです。具体的には次の通りです。

街区場所面積
E2街区千里山虹が丘2,778,95㎡
F街区千里山虹が丘、月が丘17,671.51㎡
G街区千里山霧が丘1,478.35㎡
H街区千里山虹が丘1,354,55㎡

千里山団地は、1956年に建設された団地ですが、建物老朽化のため建て替え事業が行われました。阪急千里線を超える東西の橋、駅前商業施設(BiVi千里山)の建設なども、この事業の一環です。

団地建物を建て替える際に高層化され、空いた土地はこれまでも売却されてきており、マンションなどが建設されています。

今回売却される土地がすべてマンションとなった場合、650戸前後のマンションが建設できる計算です。千里山駅へは徒歩5分から10分ほどの距離です。

売却は入札で行われ、売却先が決まるのは12月の予定です。

関連リンク

この記事へのコメント(掲示板)

コメント投稿の受付は終了しました。