「太陽の塔」工事前の内部公開には、約4万通の応募がありました。日程・定員が追加されます。

大阪府は、先月30日に締め切られた「太陽の塔」の内部公開の応募が約4万通に上ることを発表しました。倍率は単純計算で約160倍。大阪府は予想を上回る反響から、公開日を増やして定員を1300人に増やすことにしました。それでも倍率は約60倍です。

大阪府の発表によると、応募総数は39,853通でした。約8万人が見学を希望した計算です。そのため、見学日としていた10月29日(土)の500名に加えて、翌30日(日)を見学日とし、800名の定員を追加することを発表しました。

30日分の抽選は、すでに応募されているはがきのうち、29日に落選された方から行うため、これから応募することはできません。

2日間1300名となった内覧会のスケジュールは下記の通りです。

  • 日時: 2016年10月29日(土)・30日(日)
    • 29日 12:30~17:00、15分ごと計18回
    • 30日 9:45~17:00、15分毎計29回
    • 日時指定不可
  • 場所: 万博記念公園(現地)
  • 参加費: 無料

当選者には、10月12日(水)ごろに招待状が届くようです。

関連リンク

コメントを残す(掲示板)