2018年春のダイヤ改正情報 JR京都線、北急、御堂筋線、阪急バスの情報をお届けします。

年度末を迎えた3月。電車・バスのダイヤ改正も多く行われます。吹田市民の足に関係するJR京都線、北大阪急行・御堂筋線、阪急バスのダイヤ改正についてお伝えします。

JR京都線ダイヤ改正(3月17日~ 新駅開業)

JR京都線は、茨木駅と摂津富田駅の間に「JR総持寺駅(じぇいあーるそうじじえき)」が開業します。エレベーターメーカーのフジテックが撤退した跡地が開発され、新駅がオープンします。普通電車のみが停車する駅になります。

発車時刻は多少変更されますが、大きな変更はありません。

阪急バス エキスポシティ線ダイヤ改正(3月19日~平日運休)

阪急バスは、JR茨木と万博記念公園駅(エキスポシティ前)を結ぶバス路線について、平日の運行を廃止します。この路線は近鉄バスと共同で運行されていましたが、近鉄バスは昨年11月に平日の運行を取りやめていました。そのため、平日は完全に運休となります。

なお、土日休日の運行に変更はなく、1時間4本(日中)が引き続き運行されます。

北大阪急行・御堂筋線ダイヤ改正(3月24日~)

北大阪急行と地下鉄御堂筋線は、3月24日にダイヤ改正を行います。変更点は下記の通りです。

  • 平日朝ラッシュ時間帯において、中津・新大阪・千里中央方面行が2分15秒~2分30秒間隔で運行されていますが、2分15秒間隔で運行されます。江坂から千里中央方面は、5分間隔から4分30秒間隔に短縮されます。
  • 平日の夕ラッシュ時間帯において、19 時台から20 時台の千里中央行きおよび大阪市内行きを増発します。
  • 平日・土曜休日ダイヤの深夜の一部時間帯において、中津行が新大阪行に変更されます。
  •  平日・土曜休日ダイヤの深夜の一部時間帯において、新大阪発天王寺方面行の列車が増発されます。

なお、北大阪急行桃山台駅では、3月11日から可動式ホーム柵の使用が開始されます。また、大阪市営地下鉄は4月1日から株式会社化され「大阪市高速電気軌道株式会社」、愛称「Osaka Metro」が運行する路線となります。

 

阪急バス深夜急行バス廃止(3月30日まで)

別途ご紹介していますように、25時頃に梅田を出て千里ニュータウンを通り、北摂エリアへ運行されていた阪急バスの深夜急行バスが廃止されます。3月30日から日が変わった深夜の運行が最後です。

阪急バスJR吹田北口~千里山路線開設(3月下旬予定)

市報すいた3月号に掲載されていますが、千里山駅と佐井寺方面を結ぶ都市計画道路「千里山佐井寺線」が3月15日に開通します。これにあわせて、3月下旬からJR吹田北口と阪急千里山駅を結ぶ阪急バスの路線が開設される予定です。

関連リンク

この記事へのコメント(掲示板)

  1. JR総持寺駅近くに2019年、追手門学院総持寺キャンパスができます。

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.