豊中市

千里中央に「イオンSENRITO専門館」が春にオープンします。一方、隣のセルシーは大変なことになっています。

千里中央に2015年オープンした商業施設「SENRITOよみうり」は、現在も工事中ですが、工事中部分に設けられる商業施設の名前が発表されました。「イオンSENRITO専門館」で、スーパーマーケットのKOHYOなどが入ります。

イオンSENRITO食品館 建設中の外観(報道発表より)

続きを読む 千里中央に「イオンSENRITO専門館」が春にオープンします。一方、隣のセルシーは大変なことになっています。

URが竹見台に加えて高野台と新千里東町の団地も建て替えます。

都市再生機構(UR)は、先日、千里ニュータウンにある千里竹見台団地(吹田市竹見台)の建て替えを吹田市に届け出たことをご紹介しましたが、今後、千里高野台団地(吹田市)と新千里東町団地(豊中市)の建て替えも進める方針であることがわかりました。日経新聞が報じています。

続きを読む URが竹見台に加えて高野台と新千里東町の団地も建て替えます。

桃山台駅前に新たなマンション!千里南町メゾネットの建て替えプロジェクトがスタートします。

昨年、桃山台駅前のマンション「千里南町メゾネット」建て替えのニュースをご紹介しました。この新しいマンションの販売に向けて、住友不動産がウェブサイトや広告をスタートしました。

続きを読む 桃山台駅前に新たなマンション!千里南町メゾネットの建て替えプロジェクトがスタートします。

千里ニュータウンで初めて「近隣センター」が移動します。豊中市が新千里東町の再開発を発表しました。

豊中市は、千里中央から徒歩10分少々の新千里東町3丁目で、「近隣センター」の建て替えのための再開発方針を公表しました。千里ニュータウンでは、店舗を出店できる場所が限定され、原則として、駅周辺と近隣センターに限られますが、この近隣センターの場所を変更する再開発計画です。

続きを読む 千里ニュータウンで初めて「近隣センター」が移動します。豊中市が新千里東町の再開発を発表しました。

緑地公園駅まで徒歩4分、豊中市寺内に新築マンションが誕生します。

北大阪急行・緑地公園駅徒歩4分に、新築マンションが誕生します。場所は新御堂筋沿いのマクドナルド近くで、全戸南向き、全邸角住戸、1フロア2戸となる2棟構成のマンションです。

続きを読む 緑地公園駅まで徒歩4分、豊中市寺内に新築マンションが誕生します。

民泊条例が可決しましたが、吹田はどうなるんでしょうか?

最近、「民泊」がニュースになっています。マンションなどの空室を宿泊施設として貸し出せるようにするもので、政府が国家戦略特区を設けて実施の門戸を開き、外国人をはじめ宿泊可能な人数を増やそうというものです。

大阪府では、大阪府の条例と大阪市の条例が、ぞれぞれ可決し、4月から実施できるようになりました。そのような中で、吹田や近隣の北摂エリアではどのようになるのでしょうか。

続きを読む 民泊条例が可決しましたが、吹田はどうなるんでしょうか?

南千里・桃山台はあちこち工事中。駅前マンション・府営・市営住宅などの計画についてご紹介します。

千里ニュータウン内、阪急南千里駅周辺では、あちこちで工事が行われています。駅前のマンション建設、府営住宅の建て替えをはじめ、多数の開発、再開発計画が進んでいます。主なものをご紹介します。

南千里・桃山台での開発計画。Google Mapに重ね合わせて作成
南千里・桃山台での開発計画。Google Mapに重ね合わせて作成

続きを読む 南千里・桃山台はあちこち工事中。駅前マンション・府営・市営住宅などの計画についてご紹介します。

人口増加の吹田市は、保育園が非常事態・・・です。

少し前に吹田市の人口が増えているということをご紹介しました。その弊害の1つがニュースになっています。保育園が足りないのです。「日本死ね」という保育園探しに苦労するお母さんのブログが国会でも取り上げられましたが、吹田がその状況の最前線とも言えます。

吹田市では、今年4月から保育所への入所を2,500人ほどが申し込んだのに対して、一次選考で入所先が決まったのは約1,500人。1,000人以上の行き先が決まりませんでした。

北摂で住みたい街として人気トップクラスの吹田市と、隣の豊中市は、保育園探しのワーストランキングを争っています。

続きを読む 人口増加の吹田市は、保育園が非常事態・・・です。

ローソンが40周年 1号店は豊中、本社は吹田でした

大手コンビニエンスストア「ローソン」は6月14日、1号店を開店してから40年を迎えます。1号店は豊中の「桜塚店」(豊中市中桜塚)。現在も営業を続けている同店で、40周年の記念式典が開催されました。

続きを読む ローソンが40周年 1号店は豊中、本社は吹田でした

桃山台駅に新駅舎建設 エレベーター等設置でバリアフリー化

吹田・豊中両市や北大阪急行電鉄(豊中市)などは、桃山台地区の交通バリアフリー事業において、桃山台駅に新駅舎が建設することを決定した。新御堂筋に挟まれた構造上、現駅舎の改修ではバリアフリー化は困難であるため、道路橋を挟んだ北側にエレベータとエスカレータを備えた橋上駅舎を新設し、車椅子などでも駅を利用しやすくする。

桃山台駅は、駅舎とホームが新御堂筋に挟まれている上、駅舎が側道と同じ高さにあるため、側道と側道より低い本線を避けるように階段で上下した通路でバスターミナルなどとつながれている。エレベーターやエスカレーターは設置されておらず、車椅子は昇降機で対応している。

バリアフリー化については、吹田・豊中両市や地区住民などで構成するワークショップで検討してきた。その結果、現駅舎の改修によるバリアフリー化は困難と判断。新御堂筋と交差する府道豊中摂津線の桃山台橋を挟んで北側に橋上駅舎を新設する。ワークショップでは、新駅舎を桃山台橋に接続することが提案されたが、交差点に歩行者が集中する危険があるため、1階分高い位置に設置される。2010年度の完成を目指す。

関連リンク

桃山台駅バリアフリー工事開始 – 北大阪急行電鉄
桃山台駅の地図 – スイタウェブ 地図検索
交通バリアフリーのページ – 吹田市役所