循環器病研究センター

吹田の小さなニュースまとめ (2016年9月27日号)

スイタウェブでは、多方面から集めた吹田のニュースをご紹介していますが、ご紹介しきれていないニュースが多々あります。情報量が少なかったり、比較的小さな記事はご紹介してこなかったのですが、試験的に「小さなニュースまとめ」として、可能な限りご紹介してきます。

今回は、太陽の塔の内部公開、循環器病センターの移転、北消防署の南千里移転、千里ニュータウン内のマンション建設のニュースです。

続きを読む 吹田の小さなニュースまとめ (2016年9月27日号)

健都マンション居住者の健康づくりを国立循環器病研究センターがサポート。健都らしい取り組みが決まりました。

吹田操車場跡地の摂津市に建設中の近鉄不動産のマンション住民向けに、同じく吹田操車場跡地に移転する国立循環器病研究センターがサポートする取り組みが発表されました。開発する近鉄不動産などの不動産会社と国立循環器病研究センターが連携の協定に調印しました。

続きを読む 健都マンション居住者の健康づくりを国立循環器病研究センターがサポート。健都らしい取り組みが決まりました。

循環器病センター移転 竹中工務店が落札

国立循環器病研究センター(吹田市藤白台)は、吹田操車場跡地に移転する建て替え事業の落札者を竹中工務店のグループに決めました。落札額は529億円(税別)。すでに別の業者が実施した基本設計に基づき、実施設計と施工を一括して行います。

2019年6月末まで工事される予定です。

国立循環器病研究センター 完成予想図2
完成予想図

吹田操車場跡地 市民病院移転など 再開発計画の現状

JR吹田駅から千里丘駅にかけて、岸辺駅近辺に広がる吹田操車場跡地の再開発が進んでいる。吹田市立吹田市民病院と国立循環器病センターの2病院が移転するほか、岸辺駅北口ロータリー沿いの土地がUR都市機構からJR西日本へ売却されることが決まり、飲食・物販店を含んだ駅前複合施設が開発されることになった。操車場跡地に貨物駅の移転が決まってから約15年、貨物駅完成・開業から約2年が経過し、次の開発も明らかになってきた。 続きを読む 吹田操車場跡地 市民病院移転など 再開発計画の現状