千里中央

千里中央に「イオンSENRITO専門館」が春にオープンします。一方、隣のセルシーは大変なことになっています。

千里中央に2015年オープンした商業施設「SENRITOよみうり」は、現在も工事中ですが、工事中部分に設けられる商業施設の名前が発表されました。「イオンSENRITO専門館」で、スーパーマーケットのKOHYOなどが入ります。

イオンSENRITO食品館 建設中の外観(報道発表より)

続きを読む 千里中央に「イオンSENRITO専門館」が春にオープンします。一方、隣のセルシーは大変なことになっています。

URが竹見台に加えて高野台と新千里東町の団地も建て替えます。

都市再生機構(UR)は、先日、千里ニュータウンにある千里竹見台団地(吹田市竹見台)の建て替えを吹田市に届け出たことをご紹介しましたが、今後、千里高野台団地(吹田市)と新千里東町団地(豊中市)の建て替えも進める方針であることがわかりました。日経新聞が報じています。

続きを読む URが竹見台に加えて高野台と新千里東町の団地も建て替えます。

吹田の小さなニュースまとめ (2016年9月27日号)

スイタウェブでは、多方面から集めた吹田のニュースをご紹介していますが、ご紹介しきれていないニュースが多々あります。情報量が少なかったり、比較的小さな記事はご紹介してこなかったのですが、試験的に「小さなニュースまとめ」として、可能な限りご紹介してきます。

今回は、太陽の塔の内部公開、循環器病センターの移転、北消防署の南千里移転、千里ニュータウン内のマンション建設のニュースです。

続きを読む 吹田の小さなニュースまとめ (2016年9月27日号)

千里ニュータウンで初めて「近隣センター」が移動します。豊中市が新千里東町の再開発を発表しました。

豊中市は、千里中央から徒歩10分少々の新千里東町3丁目で、「近隣センター」の建て替えのための再開発方針を公表しました。千里ニュータウンでは、店舗を出店できる場所が限定され、原則として、駅周辺と近隣センターに限られますが、この近隣センターの場所を変更する再開発計画です。

続きを読む 千里ニュータウンで初めて「近隣センター」が移動します。豊中市が新千里東町の再開発を発表しました。

北大阪急行の駅にホーム柵が設置されます。

北大阪急行の各駅にホーム柵が設置されることになりました。大阪府が2016年度予算で千里中央駅、緑地公園駅、桃山台駅の工事費に対して補助金の交付を予定しています。

続きを読む 北大阪急行の駅にホーム柵が設置されます。

千里中央の新施設「SENRITO」の第2期の概要が明らかになりました。

千里中央に昨年オープンした新施設「SENRITOよみうり」(せんりと・よみうり)は、まだ一部分がオープンしただけで、引き続き工事が行われています。そんな中、今月2日に残り部分の商業施設の概要が発表されました。2017年春にイオンモールが30~35店舗のショッピングモールを開業します。

続きを読む 千里中央の新施設「SENRITO」の第2期の概要が明らかになりました。

「SENRITOよみうり」の第1期部分がオープンしました

7月1日、千里中央に「SENRITO(センリト)よみうり」がオープンしました。「よみうり文化センター」(豊中市新千里東町)の建て替えで、まずは駐車場部分に第1期部分が建設されました。夜になってからですが、開業日の様子をご紹介します。

SENRITO よみうり 第1期 外観
SENRITO外観。大阪モノレール駅とせんちゅうパルを結ぶデッキから。 続きを読む 「SENRITOよみうり」の第1期部分がオープンしました

千里中央の新施設「SENRITO」7月1日第1期オープン

読売新聞、読売テレビなどは4月27日、豊中市の千里中央駅前にある「よみうり文化センター」の再整備事業について、両社が共同で運営する商業施設「SENRITO(センリト)よみうり」を7月1日に部分開業する予定と発表した。

SENRITO 全体完成予想図
SENRITO 完成予想図

同事業は、1977年に開業した同センター建物を商業施設とタワーマンションからなる複合施設「SENRITO」に建て替えるもの。今年7月に開業するのは商業施設の第1期部分となる。この事業は読売新聞大阪本社、読売テレビのほか、MID都市開発、関電不動産、関西電力の関電グループ3社が共同で行っている。 続きを読む 千里中央の新施設「SENRITO」7月1日第1期オープン