ガンバ大阪

「Panasonic Cup」当日の交通アクセス情報をまとめました。

Panasonic Cup2月14日は、万博公園に完成したガンバ大阪の新しいホームスタジアム「市立吹田サッカースタジアム」のこけら落としです。ガンバ大阪対名古屋グランパスエイトの試合が「Panasonic Cup」と銘打って開催されます。

当日は、4万人の観客が訪れるため、大変な混雑が予想されていますが、交通アクセス情報をまとめました。

続きを読む 「Panasonic Cup」当日の交通アクセス情報をまとめました。

吹田サッカースタジアムについて、ガンバ前社長と担当した建設コンサルタントへのインタービュー記事を紹介します。

市立吹田サッカースタジアムの建設秘話を記事にしたニュースをご紹介します。金森喜久男・前ガンバ大阪社長とスタジアムの建設コンサルタントを担当した安井建築設計事務所・常務執行役員のインタービュー記事が載っています。

続きを読む 吹田サッカースタジアムについて、ガンバ前社長と担当した建設コンサルタントへのインタービュー記事を紹介します。

新スタジアムこけら落としは「Panasonic Cup」に決定しました。

以前、市立吹田サッカースタジアムのこけら落としについて紹介しましたが、ガンバ大阪から追加情報が発表されました。パナソニックの協賛により「Panasonic Cup」となります。

続きを読む 新スタジアムこけら落としは「Panasonic Cup」に決定しました。

市立吹田サッカースタジアムのこけら落としは2/14 グランパス戦になりました。

ガンバ大阪の新ホームスタジアム「市立吹田サッカースタジアム」のこけら落としは、2月14日(日)のグランパス戦となることが発表されました。 続きを読む 市立吹田サッカースタジアムのこけら落としは2/14 グランパス戦になりました。

市立吹田サッカースタジアムの“つくり方”が注目されています。

10月に完成したガンバ大阪の新しいホームスタジアム「吹田サッカースタジアム」は、ありとあらゆる面で全国から注目されています。特に、建設の経緯や今後の運営について書いている日経の記事を紹介します。

市立吹田サッカースタジアム竣工 続きを読む 市立吹田サッカースタジアムの“つくり方”が注目されています。

万博の新スタジアム、新国立の手本に?政府が資料を入手

新国立の手本になるか?G大阪の140億新スタジアムの設計図を調達 – スポーツ報知

 政府が2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場を建設する際の参考とするため、大阪府吹田市で建設が進んでいるサッカーJリーグ・ガンバ大阪の新スタジアム(総工費約140億円)の設計図などを入手したことが9日、分かった。政府関係者が明らかにした。 続きを読む 万博の新スタジアム、新国立の手本に?政府が資料を入手

新スタジアムの特徴を日刊スポーツが記事に

万博公園で建設中の新スタジアムについて、日刊スポーツが記事にしています。募金が無事集まり、なんとか完成に向かっているスタジアムというのは皆さんご存じの通りですが、日本初、日本一の特徴がいくつもあるようです。 続きを読む 新スタジアムの特徴を日刊スポーツが記事に

大阪モノレールにガンバ大阪ラッピング列車が誕生しました

大阪モノレールでは、ラッピング列車が多数運行されていますが、今月5日より、ガンバ大阪のラッピング列車が走りだしました。まだ実物をキャッチできていないので、新聞記事をご紹介します。 続きを読む 大阪モノレールにガンバ大阪ラッピング列車が誕生しました