エキスポランド

エキスポランド閉園へ 再開の目処立たず

エキスポランド:閉園へ 支援企業なく、イメージ払しょくも困難 – 毎日新聞
ジェットコースターの脱線事故で乗客1人が死亡、12人が負傷した大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」を運営するエキスポランド社は、再建を断念し、閉園することを決めた。再開を目指して探していた支援企業が見つからず、事故で悪化したイメージの払しょくも困難と判断した。

エキスポランド 民事再生法を申請

エキスポランド民事再生法申請 社長「失った信頼回復できず」 – 産経新聞
 「失った信頼を回復できなかった」。29日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請した大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」。記者会見した清水忠一社長は、苦渋の表情を見せた。1人が死亡、19人が重軽傷を負った昨年5月のジェットコースター事故から1年半、運営は迷走。大阪の隆盛とともに歩んできた遊園地は、38年の歴史の幕を閉じることになった。
 この日午前10時すぎから始まった記者会見。清水社長は「まずは20人を死傷させたことに関して心からおわびしたい」と深々と頭をさげ、「全力をあげて再開を目指していたが、残念で断腸の思い」と語った。昨年8月に「安全宣言」し営業を再開したが、その日に小型コースターが緊急停止した。入園者数は前年同期の20%にまで激減。清水社長は「予想以上の落ち込みだった」と振り返った。

高度成長期の大阪の象徴、倒産のエキスポランド – 産経新聞
「人類の進歩と調和」をテーマに、大阪で昭和45年に開催された日本万国博覧会の遊園地として登場したエキスポランドは、高度経済成長後の大阪が最も輝いた時代を象徴する施設でもあった。38年前、吹田市の千里丘陵に118のパビリオンが建ち並び、会期中は万博史上空前の6421万人が押し寄せた大阪万博。エキスポランド内にあったジェットコースター「ダイダラザウルス」は、最長1186メートルを時速65キロで走り抜ける「東洋一のコースター」と呼ばれ、月面着陸したアポロ11号が持ち帰ったアメリカ館の「月の石」に並ぶ人気を誇った。

エキスポランドが民事再生法適用を申請 – NNN
ジェットコースターの脱線事故が起き、休園している大阪・吹田市の遊園地「エキスポランド」が、自力での再建を断念し、民事再生法の適用を申請した。エキスポランド・清水社長は29日午前に会見を開き、「(民事再生法の適用申請は)苦渋の選択、誠に残念で断腸の思い」と述べ、大阪地裁に民事再生法の適用を申請したことを明らかにした。負債総額は16億円に上る。エキスポランドは去年5月、ジェットコースターの脱線・死亡事故が起きたことで、入園者数がこれまでの5分の1に減って休園しており、資金繰りに行き詰まっていた。

関連リンク
民事再生手続き開始申し立てに関するお知らせ – エキスポランド

エキスポランドにサッカースタジアム ガンバ大阪が検討

  • スポーツニッポン
    G大阪が、休園中の「エキスポランド」(大阪吹田市)敷地内に新スタジアムを建設するプランが浮上した。11年までに国際サッカー連盟(FIFA)が設けるスタジアムの国際基準に合わせる必要があり、収容人数2万1000人と少ない万博記念競技場に代わる新スタジアム建設が急務。金森社長はエキスポランドを所有する独立行政法人「日本万国博覧会記念機構」に候補地として検討していることを伝え、吹田市も18日に機構側と府に新スタジアム建設の要望書を提出した。約130億~150億円と見込まれる建設費用は自治体だけに頼らず、スポンサー企業や市民から募金を募る方法を検討する。

    J1ガンバ大阪 エキスポランド内に国際規格のスタジアム 新本拠地浮上 – 産経新聞
    サッカーJリーグ発足時から大阪府吹田市の万博記念競技場を本拠地としてきた1部(J1)のガンバ大阪(G大阪)が休園中の遊園地「エキスポランド」内に、新たなスタジアムを建設する案が浮上していることが分かった。クラブ関係者は18日、計画が進行していることを認めた。G大阪は収容人数(2万1000人)の少なさなどから国際規格に合う新スタジアム建設が近年の課題となっていた。これまで高槻市や茨木市に新たなサッカー専用スタジアムを造る招致運動は多く行われてきた。

    関連リンク
    「新スタジアム」建設にむけて 2008/07/18(金) – ガンバ大阪 ニュースリリース

ダイダラザウルスの撤去開始 万博当時からのコースター

コースター「ダイダラザウルス」撤去開始 エキスポランド – 産経新聞
昨年5月に20人が死傷するジェットコースター脱線事故を起こして営業休止中の遊園地「エキスポランド」(大阪府吹田市)で12日、昭和45年の大阪万博当時に設置されたコースター「ダイダラザウルス」の撤去が始まった。同園は全面改装して来年3月の再開を目指しており、老朽化した遊具計8機種を撤去する。

エキスポランド事故 元取締役らを起訴 会長は辞任へ

エキスポ脱線事故 元取締役らを在宅起訴 会長は辞任へ – 毎日新聞
「エキスポランド」(大阪府吹田市)で昨年5月に起きたジェットコースター脱線事故で、大阪地検は28日、エキスポランド社の伊藤正則・元取締役総括部長(60)=3月で定年退職=と建部(たてべ)淳・元施設営業部長(65)=3月末で解雇=を業務上過失致死傷罪で在宅起訴した。また、建築基準法違反(虚偽報告)罪でも、この2人と松田博・元技術課長(58)=同、法人としての同社を在宅起訴した。

風神雷神IIの撤去工事始まる エキスポランド

事故のコースター撤去 大阪「エキスポランド」 – 産経新聞
大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」は19日、昨年5月の事故で20人が死傷したジェットコースター「風神雷神II」の撤去作業を始めた。経営するエキスポランド社は事故後、風神雷神IIの廃止を表明。府警の捜査が終わったため撤去に着手した。全長1050メートルのレールや車両などを1カ月間かけて撤去する計画で、この日は資材搬入や、大型クレーンの進入に備え、路面を保護する鉄板を敷く作業などが行われた。

脱線事故のコースター撤去開始 大阪・エキスポランド – 朝日新聞
乗客20人が死傷するジェットコースター脱線事故が起きた大阪府吹田市の遊園地エキスポランドで19日、事故機の立ち乗り型コースター「風神雷神2(2はローマ数字)」の撤去作業が始まった。昨夏に事故機の撤去を決めた後も、捜査が続いていたために放置されてきたが、大阪地検が撤去を許可し、コース部分の解体に着手した。

「風神雷神II」撤去開始=脱線事故のエキスポランド-大阪 – 時事通信
昨年5月、ジェットコースター脱線事故で死傷者20人を出し、休園中の「エキスポランド」(大阪府吹田市)は19日、事故を起こしたコースター「風神雷神II」の撤去作業を始めた。来月18日までに撤去し、来春の営業再開に向け新しいアトラクションを導入する予定。

エキスポランド 今春の再開断念 風塵雷神IIは19日から撤去

「風神雷神2」を19日から撤去 大阪のエキスポランド – 中日新聞
休園中の遊園地「エキスポランド」(大阪府吹田市)は18日、20人が死傷する事故を昨年5月に起こしたジェットコースター「風神雷神2」の撤去工事を、19日から始めると発表した。営業再開は2009年春を目標にしている。

エキスポランド、今年中の再開を断念 「09年春」目標 – 朝日新聞
昨年5月にジェットコースター脱線死傷事故を起こし、休園中の大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」が、今年中の営業再開を断念したことがわかった。改装計画や支援企業が決まっておらず、再開まで少なくとも1年はかかるといい、経営するエキスポランド社は「09年春の再開を目指す」としている。

エキスポランド 従業員を3月末で解雇 営業再開時期決まらず

エキスポランド:再開めどつかず、従業員40人解雇に – 毎日新聞
ジェットコースター脱線による死亡事故の影響で、昨年12月から再び休園している大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」が、自宅待機の従業員約40人を3月末で解雇することが分かった。営業再開のめどがつかないため。同園は「再開時は、解雇した中から希望者を募って優先的に採用する」としている。

エキスポランド、3月末で従業員解雇 幹部除く約50人 – 朝日新聞
昨年ジェットコースター脱線死傷事故を起こし、年末から無期限休園中の大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」は、自宅待機としていた約50人の社員を、3月末で解雇することを決めた。同園は「改装して営業を再開する方針は変わってない」としているが、営業再開のめどはついていないという。

関連リンク
エキスポランド – 一時休業について

救命救急センターとは?もしものときの頼れる医療施設

今月2日、東大阪市で交通事故に遭った男性が大阪府内の5つの救命救急センターに受け入れを拒否され、吹田市の済生会千里病院千里救命救急センターに運び込まれました。残念ながら男性は、事故から1時間後になくなりましたが、年始でどの病院も診察していないときに受け入れることができた千里救命救急センターとはどのような施設なのでしょうか。そもそも救命救急センターとは何なのか、近くにあって詳しく走らない高度医療施設について解説します。

「救命救急センター」は、生命の危機に瀕した重症患者の救命を目的として、24時間体制で診療を受け付ける医療施設です。全国に202か所、大阪府内には11か所あります。三次救急医療施設と呼ばれ、救急隊によって重症と判断された患者を受け入れます。三次救急とは患者の重症度の分類で、一次救急(軽症)、二次救急(中等症)、三次救急(重症)の最も危険度が高いものです。そのため、ちょっとしたけがで救命救急センターを訪れても、通常は診療は受けられません。これは、重症度によらず、すべての患者を受け入れて病院内で適切に対応するアメリカ型の救急医療(ER)と大きく異なる点です。最近では、すべての患者を受け入れることを前提とした「新型救命救急センター」も登場しています。

さて、千里救命救急センターは吹田市津雲台の阪急南千里駅前にある救命救急センターです。長らく「大阪府立」でしたが、2006年に併設の済生会千里病院を運営する大阪府済生会に移管されました。吹田にはもう1か所、大阪大学医学部附属病院(阪大病院)に高度救命救急センターがあります。「高度-」は、やけど、指肢切断、急性中毒など特殊な救急患者も対応できる救命救急センターで、全国に21か所、大阪府には阪大のほか、関西医科大学附属滝井病院(守口市)にあります。

千里救命救急センターや阪大病院高度救命救急センターでは、これまでに説明したように生命の危機に瀕した重症患者を受け入れます。例えば、阪神・淡路大震災、池田小事件、福知山線脱線事故、エキスポランドのコースター脱輪事故などの救急患者が搬送されています。また、千里救命救急センターはドクターカーを保有しています。119番を受ける救急指令からの要請により出動し、現場で医師が処置する体制が整っています。出動回数は1ヶ月に150回に上ります。

吹田市には、救命救急センター以外の医療施設として、阪大病院や国立循環器病センターがあります。両病院は、高度な先端医療行為が必要な患者に対応できる特定機能病院の認定を受けており、移植手術や心臓病治療などの報道で有名です。どうせ診察をうけるならこのような病院にしたいと考えたくなりますが、紹介状がない場合に追加料金が必要になっています。

このように、吹田には全国的、世界的に有名な医療施設が集まっています。お世話にならないに越したことはありませんが、もしものときを考えると、吹田は安心できる街といえるかもしれません。

関連リンク
スイタウェブ ガイドブック 病院・診療所情報
済生会千里病院千里救命救急センター
大阪大学医学部附属病院高度救命救急センター

エキスポランドが10日から再び休業 開催中のイベントは終了日まで継続

10日から再び休業=山田社長は会長に-コースター事故のエキスポランド・大阪 – 時事通信

5月にジェットコースターの脱線事故で乗客1人が死亡、19人が負傷した大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」の経営陣が7日、記者会見し、今月10日から当分の間、営業を休止すると発表した。また、6日付で山田三郎社長が会長に退き、清水忠一総務部統括部長が社長に就任したことも明らかにした。

エキスポ社長、代表権ない会長に コースター脱線事故 幹部7人減給処分 – 産経新聞

エキスポランド(大阪府吹田市)がジェットコースター脱線事故を受け、山田三郎社長が代表権のない会長に退き、清水忠一取締役総括総務部長が社長に昇格する人事を内定していたことが7日、分かった。遊戯施設の全面見直しを含め、検討しているとみられる。同日午後、同社が記者会見して明らかにする。