エキスポシティ

エキスポシティが開業1周年。1年間の来場者数は2400万人を超えました。

エキスポシティは、11月19日にグランドオープンから1周年を迎えました。吹田にはなかった大規模ショッピングセンター、映画館、そして、入館までに長蛇の列となったNIFRELがオープンして早いもので1年が経ちました。

エキスポシティ全景。自然文化園中央口より
エキスポシティ全景。自然文化園中央口より

続きを読む エキスポシティが開業1周年。1年間の来場者数は2400万人を超えました。

梅田とEXPOCITYを結ぶバスが路線バスとして運行をはじめます。

阪急バスは、9月17日(土)から梅田とエキスポシティを結ぶ路線バスが運行を始めます。これまで、混雑時期に無料のバスが運行されていましたが、有料の路線バスとなり、土日祝日限定ですが、定期運行されることになりました。


エキスポシティ関連のバス時刻表はこちら
  • 阪急梅田⇔エキスポシティ 直通バス
  • JR茨木⇔エキスポシティ 路線バス
  • 南千里⇔エキスポシティ無料シャトルバス
  • 北千里⇔エキスポシティ無料シャトルバス

続きを読む 梅田とEXPOCITYを結ぶバスが路線バスとして運行をはじめます。

エキスポシティの観覧車の施工業者は?色が白い理由は?

エキスポシティにある日本最大の観覧車「REDHORSE OSAKA WHEEL」は、大手のアトラクションメーカーが手掛けたわけではありません。観覧車の施工実績はあまりない大阪の商社が施工と携わっています。

続きを読む エキスポシティの観覧車の施工業者は?色が白い理由は?

エキスポシティのニュースをいくつかご紹介。OSAKA WHEEL開業後の状況や、クリーニング店閉店のニュースです。

エキスポシティに観覧車「REDHORSE OSAKA WHEEL」がオープンしてそろそろ1ヶ月が経ちます。今月流れたエキスポシティのニュースや話題をいくつかご紹介します。

続きを読む エキスポシティのニュースをいくつかご紹介。OSAKA WHEEL開業後の状況や、クリーニング店閉店のニュースです。

エキスポシティに日本一の観覧車「OSAKA WHEEL」がオープンしました。

7月1日、エキスポシティに観覧車「REDHORSE OSAKA WHEEL」がオープンしました。1人1,000円の料金が高いという心配もありましたが、日中およそ40分待ち、ピークの夜8時ごろにはおよそ80分待ちとの事で、上々の出だしとなっています。

続きを読む エキスポシティに日本一の観覧車「OSAKA WHEEL」がオープンしました。

エキスポシティ来場者数が半年で1400万人になりました。年間目標の8割です。

昨年11月に開業したエキスポシティの来場者が、5月末で1400万人に達したようです。運営する三井不動産は開業当初の年間来場者数を1700万人と見込んでいましたが、その8割を半として達成したことになります。

続きを読む エキスポシティ来場者数が半年で1400万人になりました。年間目標の8割です。

エキスポシティにモノレール・バスで行くと、500円分の買物券がもらえます。夏のバーゲンも始まります。

24日(金)から、エキスポシティでは、モノレールかバスで行くとお買い物券がもらえるキャンペーンが始まります。ICOCA、PiTaPaなどの交通系ICカードでモノレール・バスに乗ってエキスポシティへ行き、館内の機械にタッチすると、もれなく500円券がもらえます。

また、ららぽーと初の夏のバーゲンが始まります。

続きを読む エキスポシティにモノレール・バスで行くと、500円分の買物券がもらえます。夏のバーゲンも始まります。

EXPOCITYの観覧車「OSAKA WHEEL」の料金は1,000円から。7月1日にオープンします。

EXPOCITYに姿を現した、日本最大の観覧車「Redhorse OSAKA WHEEL」の料金が発表されました。通常のチケットが1人1,000円、VIPゴンドラは4人乗りで、1ゴンドラ8,000円です。

続きを読む EXPOCITYの観覧車「OSAKA WHEEL」の料金は1,000円から。7月1日にオープンします。

苦難のエキスポシティ。オールドネイビーの撤退発表に、エンタメ施設も集客に苦戦しています。

昨年末、関西中の話題をさらったエキスポシティ。今も週末に周辺道路が混雑したり、ニフレルのチケット購入の行列が続いていますが、苦難な状況にあります。

少し前に、カジュアル衣料の「OLD NAVY」(オールドネイビー)の日本撤退が発表され、エキスポシティの店舗も来年1月までに閉店することになりました。また、ニフレル以外のエンターテインメント施設も集客に苦戦していることが報じされています。

続きを読む 苦難のエキスポシティ。オールドネイビーの撤退発表に、エンタメ施設も集客に苦戦しています。