吹田のイベントニュース(2017年3月1日号)

2月に始まったイベントに関する新聞報道をご紹介します。今回は、内本町・旧西尾邸とひな祭りと万博梅まつりです。

内本町の旧西尾家住宅で、ひな人形展が行われています。

江戸時代の旧家でひな人形展始まる 大阪・吹田(産経ニュース)  – 大阪府吹田市内本町の旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)で恒例の「ひな人形展」が始まり、飾られた豪華なひな人形を観光客らが見入っていた。同家は江戸時代、上皇の所領地「仙洞御料(せんとうごりょう)」の庄屋を務めた旧家。ひな人形展は、古民家を舞台に伝統文化に親しんでもらおうと毎年、開催している。

万博公園で梅まつりが始まりました。

香り楽しんで 万博記念公園で「梅まつり」(産経新聞) – 吹田市の万博記念公園で恒例の「梅まつり」が開かれている。自然文化園の梅林には約120種約600本、日本庭園には約35種約80本の梅が植えられている。 22日現在、5分咲きながら、品種によっては6~7分咲きのものも。自然文化園の梅林では、白い花が美しい「叡山白」や、濃い紅色の花が印象的な「大盃」がきれいに咲き、観光客らが盛んにカメラのシャッターを切っている。見ごろは、3月上旬から。

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.