千里山駅につながる道路が完成しました。3月末から阪急バスの運行が始まります。

3月15日(木)、阪急千里山駅前と佐井寺方面を結ぶ「都市計画道路 千里山佐井寺線」が開通しました。となり町でありながら、抜け道でしかない細い道の多かった場所が、最短ルートで結ばれました。

また、月末からは阪急バスがJR吹田北口と千里山駅前を結ぶバスの運行を開始します。

木曜日に開通したのは、吹田市立千里第二小学校、千里山・佐井寺図書館(吹田市千里山松が丘)の前から千里山東4丁目付近までの区間です。

都市計画道路千里山佐井寺線道路 開通区間

千里山駅の東側のエリアでは、URの建て替えと合わせて、2015年に千里をまたぐ道路が新設され、2016年には千里山駅前ロータリーが完成するなど、道路が少しずつ改良が進められてきましたが、この区間の開通で、千里山周辺の道路整備が一段落することになります。

また、阪急バスは、3月31日から、JR吹田北口からこの道を通り、阪急千里山駅を結ぶ新しいルートのバス路線を新設します。

新設の路線は、JR吹田北口、市民病院前、朝日が丘町名神下、上山手町まで現行のバス停に停まり、ここから西方向に向かい、千里山東、千里山松が丘、千里山・佐井寺図書館前(ちさと図書館)、阪急千里山という新設のバス停に停まります。(千里山東バス停は、阪急千里山駅行きのみ停車)

路線の番号は6、料金は大人220円です。

新しい時刻表はこちら。

吹田市内には多数の鉄道駅がありますが、その中でバス停が一切ないのは阪急千里線の関大前駅と千里山駅でした。千里山駅への路線バスの乗り入れは、なんと55年ぶりとの事です。

なお、このダイヤ改正にあわせて、朝早い時間に運行されているJR吹田から吹高口、吹田高校、上山手町からJR吹田北口に至る19番のダイヤが変更されます。

関連リンク

この記事へのコメント(掲示板)

  1. 最後の段にある19系統については削減ではなく北口から高校方面への振り替えになるのであり、総数の変更はありません

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.