小学校の給食から縫い針やくぎが見つかりました。

吹田市立小学校の給食から折れた縫い針やくぎが見つかりました。吹田市教育委員会の発表としてニュースになっています。20日月曜日の給食で、5年生のクラスの児童のカレーから縫い針が、同じクラスの別の児童のサラダからくぎが見つかりました。

各社のニュースをご紹介します。

給食 吹田の小学校で針とくぎ見つかる…けがなし – 毎日新聞

大阪府吹田市教委は22日、市立小学校1校で20日に提供された給食から、折れた縫い針と鉄くぎが見つかったと発表した。児童にけがはなかった。

市教委によると、20日午後0時50分ごろ、5年生の児童がカレーを口に入れたところ、折れた縫い針(約3センチ)が入っているのに気付いた。この児童のカレーの皿からは別の折れた縫い針(約1センチ)も見つかった。二つの針は同一の針が折れたものという。


給食のカレーなどに縫い針や鉄くぎ…けが人なし – 読売新聞

学級担任が給食を点検したところ、同じ皿から、その針の先端部分(同約1センチ)も見つかり、別の児童の和風サラダには鉄くぎ(同約1センチ)が混入していた。


小学校給食に針とくぎ 大阪・吹田 – 産経新聞

この小学校では校内に調理室があり、給食は各クラスの児童か担任が配膳室に取りに行く方式。縫い針やくぎは他のクラスでは見つかっていない。市教委は吹田署に相談、混入経路などを調べる。

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.