阪急千里線沿いの山林で住宅開発が計画されています。

阪急千里線の千里山と南千里の間の線路沿いで、集合住宅と戸建ての開発が計画されています。

場所は下図の周辺。吹田市佐井寺4丁目と千里山月が丘にまたがる山林で、南千里と佐井寺を結ぶ道路沿いにある「ニュージーランド大阪教会」の裏手にあたる場所です。

開発の計画は、先月末に吹田市に届け出がありました。事業者は守口市の本社のある敷島住宅。分譲住宅事業などを行っています。

届出によると、開発される面積は約9,550平方メートル。88戸の9階建てマンションと23戸の戸建て住宅を建設します。

計画地は、教会、集合住宅、千里線の線路などに囲まれており、大きな道路がつながっていません。

しかし、新御堂筋からイオン南千里店前、佐井寺小学校から佐井寺中学校を通り市立博物館を抜け、最終的に岸辺駅の地下道につながる都市計画道路「豊中岸部線」のルートに位置しています。

敷島住宅と吹田市は、豊中岸辺線の設置計画について協議を行っているようです。

関連リンク

この記事へのコメント(掲示板)

  1. 豊中岸部線の予定ルート場には既に住宅が建っているので、今回の部分だけではまた中途半端ですよねぇ。そのあたり(既存住宅の移転)も含めて協議、ってことなのかな?

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.