吹スタの愛称がPanasonic Stadium Suitaに!

吹田市は、市立吹田サッカースタジアムのネーミングライツのパートナーを募集していましたが、今日、優先交渉業者をパナソニックに決定したことを発表しました。

パナソニックの提案は「Panasonic Studium Suita」(パナソニック スタジアム 吹田)で、金額は年間2億円でした。

吹田市は、スタジアムの機能向上やスポーツ振興のため、スタジアムのネーミングライツ(命名権)を使用するパートナーを募集していました。5年契約で年間1億円以上、パートナーが設定できる愛称に「吹田」を入れることなどが条件になっていました。

今回の発表は、選考により優先交渉業者が決まったことに伴うものです。今後、看板の設置、略称、支払い方法などを協議し、市議会での決議を経て、正式契約となります。

今回選ばれたパナソニックは、ガンバ大阪の設立母体であり、親会社です。そういう意味では予想通りと思った方も多いのではないでしょうか。

愛称はパナソニック スタジアム 吹田と決まりましたが、新聞やテレビなどで4文字で表されるときの略称はこれから検討。吹田市は「吹田」と入れることを条件にしており、「パナスタ」とはならず、「パナ吹田」といったあたりに落ち着くんではないかと思います。

契約は来年1月からの5年間。来シーズンから新しい名前のスタジアムで試合することになります。

関連リンク

市立吹田サッカースタジアム ネーミングライツパートナーの募集に係る優先交渉権者の選考結果について – 吹田市

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.