北大阪急行の話題を2つお届けします。ホーム柵と値上げのニュースです。

北大阪急行電鉄は、12月に2つのお知らせを発表しました。1つは各駅へのホーム柵の設置、もう1つは運賃の値上げです。

まずはホーム柵のニュース

北急の千里中央、桃山台、緑地公園の各駅にホーム柵が設置されるというのは3月にご紹介しておりましたが、ついに工事が始まります。

最近、ホームにはロープを設置する駅も出てきていますが、北急に設置されるのは、大阪市営地下鉄やJR東西線に設置されている、腰高で左右に開く形のものです。千里中央に設置した様子は下記のようなイメージです。

工事は千里中央が1月から、桃山台と緑地公園が6月からです。各駅9ヶ月ほどかかる予定です。

可動式ホーム柵設置イメージ(千里中央駅 1 番線ホーム)(北大阪急行電鉄の発表より)

もうひとつのニュースは、運賃の値上げ

北大阪急行は、国土交通省近畿運輸局に、運賃値上げの申請を行いました。値上げ額は初乗り運賃で10円、千里中央~江坂間で20円です。

北大阪急行は、1970年の大阪万博の際、大阪市内、新大阪からの会場輸送を担いました。その運賃収入で建設費を償却できたため、低い運賃を維持できていました。また、御堂筋線とは運賃が別計算となることもあり、値上げしづらい環境にあります。

しかし、およそ30年ぶりとなる新型車両9000系の投入や、各駅の改修工事、そしてホーム柵の設置と、設備投資が続く計画になっています。また、今年度は赤字の決算が予想されているため、運賃を値上げすることになったということです。

今回値上げ申請された運賃は下記の通りです。

区数 区間 現行運賃 値上後運賃
1区 千里中央~桃山台
桃山台~緑地公園
緑地公園~江坂
90円 100円
2区 千里中央~緑地公園
桃山台~江坂
110円 120円
3区 千里中央~江坂 120円 140円

現行の初乗り運賃90円は日本で一番安い初乗り運賃です。100円に値上げされると、他の鉄道会社と並ぶ日本一タイの運賃になります。

関連リンク

コメントを残す(掲示板)