阪急バス運転士が、バスの運転動画をネットにアップロードしていました。

阪急バスの吹田市や豊中市の路線を担当する千里営業所(吹田市津雲台)に所属する運転士が、路線バスを運転する様子をスマホ撮影し、インターネットに動画をアップロードしていたことがわかりました。阪急バスは、この運転士を処分しています。

朝日新聞の記事をご紹介します。

阪急バス運転手、操縦動画をスマホ撮影 投稿50件以上 – 朝日新聞

阪急バスの千里営業所(大阪府吹田市)の運転手が、路線バスを操縦する様子や車内をスマートフォンで動画撮影してインターネット上に投稿し、5日間の謹慎処分を受けていたことが、同社への取材で分かった。乗客がいる時は撮影していないという。

同社によると、運転手は自ら運転して回送中のバスの速度計などを撮影し、今月までに52件以上の動画を動画サイトに投稿。「路線バスでヒール・アンド・トゥー」と題して片足のかかととつま先でアクセルとブレーキを操る様子や、各メーカーのバスを走らせて加速力を比べたものなどがあった。同社は従業員にバス内へのスマホの持ち込みを禁じている。

今月8日に外部からの指摘で発覚。運転手が認めたため、同社は近畿運輸局に報告し、運転手を15日付で5日間の謹慎処分にした。

同社によると、運転手は1年ほど前からバイクや乗用車を運転する動画を投稿。バスの運転も投稿した理由については「視聴回数を増やしたかった」と説明しているという。同社は「深くおわびする。再発防止を図る」としている。

大阪府吹田市津雲台7−3
阪急バス千里営業所の地図

 

関連リンク

阪急バス – 公式サイト

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.