吹田の地域ニュース

国際美術館・万国博ホールの撤去後は駐車場に 万博公園

 日本万国博覧会記念機構は、国立国際美術館と万国博ホールなどの建物を解体・撤去し、跡地を駐車場として整備することにしている。国際美術館は、11月に大阪・中之島に移転することになり、1月で万博での美術館活動は終了している。万国博ホールも、昨年から閉鎖されている。これらの建物は老朽化が激しく、建物の解体・撤去が決定していた。跡地の利用が検討されていたが、日本庭園前駐車場として整備することになった。

 撤去されることになっている建物は、万国博ホール、国立国際美術館と美術館に隣接する「旧三越食堂」の建物。これらの建物は、1970年の大阪万博の際に建築され、それぞれ万国博ホール、万国博美術館、三越食堂として利用されていた。互い違いの三角屋根とガラス張りの側面が印象的で、建物は万博終了後もそもままの状態で残された。しかし、30年以上が経過した万国博ホールは、老朽化が激しく周辺に同様の施設があることから、年間4千万円の赤字を出しているという。国立国際美術館も収蔵庫の狭さや交通の便の悪さから中之島への移転を決定した。改修工事を行うと、ホール部分だけで10億円かかるといい、解体・撤去が決定した。

 撤去後の跡地については、外部の有識者を交えて検討されていたが、公園の中心的な部分である一方でアクセスが不便な地域でもあるので、「日本庭園前駐車場」(仮称)として整備することが決定した。今年度中に解体を完了し、駐車場工事をはじめるという。

 万博当時の建物の撤去は、2002年から行われたエキスポタワーの撤去(2003年3月に完了)に次ぐもの。今年度は、万博後に建設されたプールやサイクルランドなどの撤去も行われることになっており、万博は工事ラッシュとなる。

ごみ焼却場跡地からダイオキシン検出 基準の54倍

 吹田市は27日、ごみ焼却施設「南工場」(同市川岸町)の跡地の土壌から、国の環境基準の最高54倍に上る1グラム当たり5万4千ピコグラムのダイオキシン類を検出したと発表した。市は、敷地内を立ち入り禁止にし、建物や汚染土壌をビニールシートで覆うとともに、対策検討委員会を設置し、周辺の土壌などを調べて汚染範囲の特定を急ぐ。

 市は、4月1日から8日間、約5千8百万平方メートルの敷地内4地点の土壌と2地点の大気に含まれるダイオキシン類の濃度を調査。大気はいずれも基準を下回っていたが、土壌4地点のうち3地点で国の環境基準(1グラム当たり千ピコグラム)の1.2倍から54倍の値を示した。また、排煙ダクトの中の焼却灰から1グラム当たり22万ピコグラムのダイオキシン類を検出した。

 「南工場」は、1968年から稼動し、家庭ごみなどを焼却していたが、81年に廃止された。廃止後、焼却炉は撤去され、別棟と管理等だけが残っていた。今年2月、ダクト室の外壁が崩落したことから、解体作業員の安全を確保するため、厚生労働省の通知に基づき調査を実施した。

 市では、敷地内を立ち入り禁止にし、崩落箇所や汚染土壌をビニールーシートで覆い、敷地内の別の地点や周辺の住宅、同施設から約3百メートル北西にある市立吹田第六小学校などの土壌、大気を調査し、処理方法を決めるとしている。

北千里小を古江台小に統合 市教委 計画案

 吹田市教育委員会は、吹田市立小中学校の学校規模適正化の第2期実施計画案を発表した。計画案は、北千里小学校(吹田市古江台3)の校区をすべて、青山台小学校(同青山台2)または古江台小学校(同古江台5)の校区に変更し、北千里小を古江台小に統合するというものだ。

 市教委の発表によると、青山台小はほとんどの学年が1学級で今後もその傾向は続くと予測されるため、北千里小校区の青山台1丁目を青山台小校区に変更する。そうすると北千里小の校区が古江台3丁目のみになり、1学級の学年ができるほか、北千里小は青山台・古江台両小の過大化解消のために建設された経緯があることなどから、北千里小校区の古江台3丁目を古江台小校区に変更し、北千里小を古江台小に統合するとしている。

 学校規模適正化事業は、原則として小学校が12から24学級、中学校が12から18学級の規模に収まるように、各校の児童・生徒数の調整を行うものである。昨年4月に第1期が実施され、竹見台・南竹見台両小を統合して千里たけみ小(いずれも同竹見台)を設置し、千里新田小(同春日)、佐井寺小(同佐井寺)、佐井寺中(同)の校区を変更していた。

 今回の第2期実施計画案は、関係する小学校、PTA、地域と協議し、来年4月の実施を目標に調整を行っていく。

六本木ヒルズ 回転扉死亡事故

 3月26日午前11時半ごろ、東京都港区の複合施設「六本木ヒルズ」の森タワー2階正面入り口で、吹田市山田西、会社員溝川光一さん(39)の長男涼ちゃん(6)が自動回転扉に挟まれ頭部を強打、約2時間後に死亡確認された。

3月29日
再発防止で初の指針作成へ 六本木ヒルズの回転扉事故 – 共同通信
回転ドア安全対策策定へ=検討会を設置-国交省など、六本木ヒルズ事故受け – 時事通信
<回転ドア事故>安全装置備えず 中央スライド扉がネック – 毎日新聞
<回転ドア事故>森ビルとメーカー、死角対処など言い分食い違い – 毎日新聞
回転ドア販売元、ヒルズ他7基の緊急点検報告書作らず – 読売新聞
すすり泣きの中、回転ドア事故死の涼ちゃんに別れ – 読売新聞
涼ちゃんの葬儀で園児合唱 約200人が参列 – 共同通信
父親「時には思い出して」=六本木ヒルズ事故の涼ちゃん告別式-大阪 – 時事通信
<東京>大阪府知事が事故現場に献花 – 朝日放送
<大阪>回転ドア事故で死亡の溝川涼ちゃん告別式 – 朝日放送
太田府知事が献花=六本木ヒルズ回転扉事故 – 時事通信
135cm以上の設定に変更 児童の身長に反応せず – 共同通信
<回転ドア事故>大阪府知事も事故現場を訪れ献花 – 毎日新聞
<回転ドア事故>涼君の葬儀 メーカー社長弔問、親族は拒否 – 毎日新聞
<回転ドア事故>大阪府知事も事故現場を訪れ献花 – 毎日新聞
<回転ドア事故>涼君の葬儀 メーカー社長弔問、親族は拒否 – 毎日新聞
回転速度、最速に設定=標準より衝撃、制動距離増す-六本木ヒルズ男児死亡事故 – 時事通信
足挟まれ、迫る巨大なドア 重傷女児の父親が恐怖語る – 共同通信
扉逆回転の安全機能なし 開閉式ドア併設で設置困難 – 共同通信
回転ドア事故、センサー誤作動嫌い不感域変更か – 読売新聞
<六本木ヒルズ事故>「死角拡大」設定か 地上80センチ以上 – 毎日新聞
<六本木ヒルズ事故>回転ドア「二度と使わない」 森ビル社長 – 毎日新聞
<六本木ヒルズ事故>32件全て警察に届けず – 毎日新聞
<六本木ヒルズ事故>回転ドア「二度と使わない」 森ビル社長 – 毎日新聞
<六本木ヒルズ事故>32件全て警察に届けず – 毎日新聞

3月28日
センサーの範囲は調節可能 六本木ヒルズ回転扉事故 – 共同通信
25cm動き続けると伝えず センサー反応後の回転扉 – 共同通信
祭壇に真新しいランドセル 大阪で涼ちゃんの通夜 – 共同通信
衝撃緩和の安全装置なし=事故の回転扉、特殊な構造で-六本木ヒルズ男児死亡事故 – 時事通信
防犯ビデオに涼ちゃんの姿 警視庁が解析進める – 共同通信
涙誘う新しいランドセル…六本木事故・涼ちゃん通夜 – 読売新聞
<六本木ヒルズ事故>涼君の通夜営まれる 森社長の献花拒否 – 毎日新聞
「死角」広げた可能性=誤作動で設定変更か-六本木ヒルズ男児死亡事故 – 時事通信
「涼ちゃん、痛かったでしょう」=通夜に200人、森ビル社長の参列断る-大阪 – 時事通信
森ビル社長、参列断られる 通夜会場前で「ごめい福」 – 共同通信
「死角」広げた可能性=数十センチ高く設定変更か-六本木ヒルズ男児死亡事故 – 時事通信
センサーの死角解消求める=昨年12月、技術的に無理とメーカー-森ビル記者会見 – 時事通信
回転扉の事故、32件=森タワーの同機種、挟まれ5件-六本木ヒルズ死亡事故 – 時事通信
六本木ヒルズ回転ドア事故33件、安全対策は不完全 – 読売新聞
<回転ドア事故>センサーに死角 森ビル、昨年12月に認識 – 毎日新聞
六本木ヒルズ回転ドア、衝撃緩和の仕組み無し – 読売新聞
六本木ヒルズ、昨春の開業翌日から回転ドア事故 – 読売新聞
回転扉の事故ほかに32件 六本木ヒルズ、開業以来 – 共同通信
回転扉の事故、32件=森タワーの同機種、挟まれ5件-六本木ヒルズ死亡事故 – 時事通信
<回転ドア事故>全国で同型ドアの使用見合わせ相次ぐ – 毎日新聞
<回転ドア事故>六本木ヒルズの事故32件 対策が不十分か – 毎日新聞
センサーの死角解消求める=昨年12月、技術的に無理とメーカー-森ビル記者会見 – 時事通信

3月27日
<小泉首相>六本木ヒルズで献花 回転ドア事故現場 – 毎日新聞
小泉首相が事故現場に献花=六本木ヒルズ – 時事通信
回転扉、使用中止相次ぐ 不安訴える買い物客も – 共同通信
回転扉、地上80センチ以下に死角=センサーすり抜けも―六本木ヒルズ – 時事通信
800キロ近い圧力、頭部に 六本木ヒルズの死亡事故 – 共同通信
使用一時見合わせも=回転扉持つ都内のビル-六本木ヒルズの事故で – 時事通信
頭部に最大800キロの衝撃=減速せず衝突の可能性も-六本木ヒルズ回転扉事故 – 時事通信
頭部に最大800キロの衝撃=減速せず衝突の可能性も-六本木ヒルズ回転扉事故 – 時事通信
回転ドア事故、センサーに“不感領域” – 読売新聞
<回転ドア事故>赤外線センサー、高さ80センチまで死角 – 毎日新聞
回転扉、地上80センチ以下センサーすり抜ける可能性=六本木ヒルズ男児死亡事故 – 時事通信
回転扉、反応後も25センチ動く 六本木ヒルズの死亡事故 – 共同通信
<回転ドア事故>赤外線センサー、高さ80センチまで死角 – 毎日新聞
「手をつないで」と看板 新名所・汐留も回転扉対策 – 共同通信
回転ドアに頭挟まれ小1男児死亡 六本木ヒルズ – 毎日新聞
類似事故、製造元「認識なし」=正確な情報伝わらず-六本木ヒルズ男児死亡事故 – 時事通信
<回転扉事故>過去2件の事故後も十分な改善行われず – 毎日新聞
六本木ヒルズの回転扉、入学直前の6歳男児挟まれ死亡 – 読売新聞
回転扉に挟まれ男児死亡 六本木ヒルズ、構造上欠陥か – 共同通信

3月26日
<回転ドア>小1男児、頭挟まれ死亡 東京・六本木ヒルズ – 毎日新聞
回転扉に挟まれ男児死亡 新名所の六本木ヒルズ – 共同通信
回転扉で男児死亡=六本木ヒルズ、頭挟まれ-小学校入学目前、母と見学に・東京 – 時事通信

4月から変わる 市民の生活

 4月から市民の生活がさまざまな場面で変化する。大きな影響がないものも多いが、市民病院の小児救急外来が廃止されたり、吹田保健所千里支所が廃止されたりと、不安な影響もある。実際に変更される前に確認しておこう。

ごみ袋は無色半透明に
 吹田市の燃焼ごみのごみ袋が4月1日から、無色半透明になる。市は昨年4月から、配布するごみ袋を緑から無色半透明のものに切り替えていたが、市販の黒や青のごみ袋で出しても問題はなかった。しかし4月から、半透明ごみ袋に完全に切り替えられ、配布するごみ袋や同様の無色半透明のごみ袋以外では、ごみを出さないように呼びかけている。

消費税、総額表示に
 商品の値段表示が4月1日から、消費税込みになる総額表示方式が義務付けられる。これにより、これまで購入商品の値段の合計に 1.05 をかけた金額がレジで請求されていたが、今後は1つ1つの商品の値段に消費税が含まれており、レジでは合計された金額がそのまま請求されるようになる。総額表示を機に、これまでの本体価格を税込価格にして5%値下げしたり、レジの敏速化のために税込価格の端数を切り捨てて値下げする店舗もあるようだ。

吹田市民病院の小児救急外来が廃止
 吹田市民病院(吹田市片山町)は4月1日から、小児科の救急外来(一次救急)を廃止する。吹田市、豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町が共同で設立する「豊能広域こども急病センター」(箕面市萱野)で診療を行うためだ。全国的に、救急医療に携わる小児科医が慢性的に不足しており、24時間体制で小児科の救急診療を維持することが難しくなっており、北摂地域の小児救急医療を1ヶ所に集約して夜間・休日の小児医療を維持する。今後市民病院の小児救急は、同センターで入院が必要と判断された場合の二次救急(月・水・土曜日)と、同センターの診療が終了する朝7時から通常の診療時間の9時までの2時間(火・木・日曜日)のみの受付になる。なお、けが、やけど、骨折については、今後も市民病院で診療する。

吹田保健所千里支所が廃止
 大阪府は4月1日から、千里府民健康プラザ(吹田保健所千里支所、吹田市津雲台)を吹田府民健康プラザ(吹田保健所、同出口町)に統合する。府は、4月から保健所の専門的広域的機能の強化のためにすべての保健所の支所を本所に統合することにしており、同プラザの統合もその一環。府は、サービス低下のないよう配慮するとしているが、保健所自体がなくなってしまう市もある。吹田市には吹田保健所と千里支所の2ヶ所があり、その1ヵ所が廃止されるのはやむを得ないのかもしれないが、市民への影響は必至だろう。

市立図書館が使いやすく
 吹田市立図書館は4月から、新たなサービスを始める。1日からは、インターネットや図書館の端末(OPAC)で貸出予約ができるようになる。これまで図書館のホームページでは蔵書の検索はできたが、貸し出し中の場合の予約は図書館に出向くまでできなかった。今後は、インターネットで蔵書を検索してその場で予約し、借りることができるようになってから図書館に行くような利用法ができる。また図書館では、電話での貸し出し期限の延長手続きやインターネットでのレファレンス(調査相談)の受け付けも始まる。また4月後半から、無料のインターネット端末を設置するとしている。

ホテル オオサカ サンパレスは、「ホテル阪急エキスポパーク」に
 万博記念公園内にあるホテル オオサカ サンパレス(吹田市千里万博公園)が4月1日から、第一阪急ホテルズ(大阪市)直営のホテルとなり、名称が「ホテル阪急エキスポパーク」に変更される。同ホテルは、特殊法人の雇用・能力開発機構が保有し、府出資の財団法人オオサカ勤労者職業福祉センターが運営しているが、国の特殊法人改革に伴い所有権が府に移り、府は運営を委託する民間業者として、同社と協定を締結していた。

関連リンク
吹田市環境部 減量推進課「ごみ袋半透明本格実施」
市立吹田市民病院「小児救急診療体制のお知らせ」
吹田保健所「吹田支所の統合について」
吹田市立図書館(3月30日~31日は閲覧不可)
ホテル オオサカ サンパレス

国立国際美術館 移転を前に閉館

1970年の大阪万博のパビリオンを改装して開館した国立国際美術館(吹田市千里万博公園、宮島 久雄館長)が、18日閉館した。同美術館は大阪市北区に移転することが決まっており、移転前の最後の日となった18日は、入館料が無料となったこともあり、多くの美術ファンや家族連れでにぎわった。

同美術館は、1970年に行われた日本万国博覧会のパビリオン「万博美術館」として建築された。その後改正された建築基準法に適合させるために改修が行われ、1977年10月に「国立国際美術館」として開館した。約5,000点の美術品を収蔵している。

しかし、建築から30年あまり経過して老朽化していることや収蔵庫が手狭となってきていることから、大阪市北区中之島の大阪市立科学館横 に移転することになった。閉館後は収蔵品の搬送作業が行われ、今年11月に再オープンする。

なお、移転後の博物館建物の利用について、日本万国博覧会記念機構や吹田市はコメントしていない。しかし一部で解体するという噂があり、保存・活用するように求める運動も行われている。

国立国際美術館 新しい国立国際美術館

関連リンク
国立国際美術館

エキスポランドで15分間停電 すべての遊具が一時停止

 吹田市の万博公園内にある遊園地「エキスポランド」で2日午後5時10分ごろから約15分間、停電があった。この間、園内にある約40の遊具がすべて停止した。同遊園地によると、この日は約2,000人が訪れていたが、けが人はなかった。

 同遊園地によると、ジェットコースター「ダイダラザウルス」は滑走前に動力を使ってコースターを地上約15メートルの高さまで上げていた時に停車。乗客約20人は係員が点検用の階段へ誘導し、ホームまで約15メートルを徒歩で戻った。コースター「オロチ」も走行中だったが、既に最高地点を通過しており、重力だけでホームまで走行した。約50人が乗っていた観覧車(ゴンドラ48台、高さ85メートル)は15分間止まったままになり、冷房も止まった。一部施設の乗客に料金を払い戻した。

 関西電力は、エキスポランド構内の変電設備まで異常はないとしており、府警吹田署などは、関西電力から電力を供給するため地下に埋設された高圧ケーブルがショートした可能性が強いとみている。

関連リンク
エキスポランド