吹田の地域ニュース

新校名は「千里たけみ小」 来春統合の「竹見台」「南竹見台」

 児童数の減少により来春統合される吹田市立竹見台、南竹見台両小学校の新しい校名が、「千里たけみ小学校」に決まった。隣接する市立竹見台中学校との連携を深め、小学1年生から英語の授業を取り入れるなど、小中一貫型の特色ある教育を目指す。

 一九六二年に街開きが行われた吹田、豊中両市にまたがる千里ニュータウンは、七五年の十二万八千人をピークに人口が減り続け、昨年十月一日現在で九万五千人。うち六十五歳以上の高齢者が20・9%を占める。十四歳以下の子供の割合は七〇年に33・8%だったが、現在は12・4%まで落ち込んでいる。

 南竹見台小は人口急増に対応するため、78年4月に竹見台小の敷地を二分して開校した。ピーク時の同年度、両校の生徒数は1,820人(48クラス)だったが、02年度は320人(14クラス)にまで減り、両校とも同会議の意見書で出された許容範囲の最下限の規模となり、統合が決まった。

千里丘駅西側 マンション建設ラッシュで学校の教室不足

吹田市内の JR 千里丘駅西側では、大規模マンションが4つ同時に売り出されている。いずれも、銀行の運動場や社宅、アパレル会社の工場跡などが再開発されたものだ。

このため、市立南山田小学校の教室不足が懸念されている。市教委が校区内の販売戸数をもとに児童数を推計したところ、今年度の19学級649人が、6年後には31学級1,044人に膨らみそうなことがわかった。同小の普通教室は26で、教室不足は確実とみられる。市教委は、9月に255戸の大型マンションが完成した地区を来年度から隣の小学校区に移すことを決めた。

リンク
教室が足りない!? 不況で社宅閉鎖、跡地にマンション(朝日新聞)
吹田市立小・中学校の適正規模について(吹田市ホームページ)

吹田市 放置自転車撤去 移送保管料を値上げ

吹田市は、鉄道各駅周辺の自転車等放置禁止区域に放置されている自転車や原付の撤去に関する条例を改正し、10月1日から撤去された自転車などの返還にかかる移送保管料を値上げする。値上げ後の移送保管料は自転車が3,000円(現行1,500円)、原付が4,500円(同2,500円)。

また、保管期間の60日間を過ぎても持ち主が引き取りに来なかった場合、まとまった台数の入札により売却する。売却時の代金は、売却後6ヶ月以内であれば持ち主に支払われるが、移送保管料は必要になる。

関連リンク
10月から撤去自転車の取り扱いが変わります(吹田市ホームページ)

吹田市 住基ネット 不正使用時には接続中断

吹田市は7月31日、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)でコンピュータウィルスの侵入や情報漏えいなどにより、情報の適正な利用が行われず、個人情報が適正に保護されていない場合、ネットとの接続を中断することを決めた。東京都杉並区なども同様の処置をとるが、近畿では初めて。

吹田市によると、コンピュータウィルスの侵入や情報漏えい、情報の不適正な利用などが行われ、個人情報の保護が行われていないと市長が判断したときに、7月1日に施行された個人情報保護条例に基づき、国などに調査・報告や必要な措置を講じるよう求めるほか、個人情報保護審議会で意見を聞き、接続を中断する場合があるとしている。

投票
住基ネット吹田市の対応は?(公開終了)