JR岸辺駅北口にできる駅ビルのホテルが発表されました。

JR西日本などは、JR岸辺駅北口で建設を進めている駅ビルに入るホテルが「カンデオホテルズ」に決まった事を発表しました。全国で13のビジネスホテルを運営しているグループです。

カンデオホテルズが入る岸辺駅北口のビル

発表によると、JR西日本が北大阪健康医療都市(健都、吹田市岸部新町)で開発を進めている駅ビルの6階から9階に入居。ホテルの名称は「(仮称)カンデオホテルズ大阪吹田(健都)」で、来年秋のビルの開業と同時に営業を開始する予定です。

カンデオホテルズは、関西にはなかったものの、全国で13のホテルを運営するグループです。今月なんばに1号店が開業。さらに、8月にはユニバーサルスタジオのオフィシャルホテルがオープンします。

運営会社となるカンデオ・ホスピタリティ・マネジメントによると、このホテルでは、”国内外からの観光とビジネス利用、医療機関利用者等、幅広いお客様にご利用いただけるよう、機能性とデザイン性を同時に成立させ「メディカル×ホスピタリティの融合、和のおもてなしとラグジュアリ ーを体感できるホテル」として独自のポジションを目指してまいります”との事。

具体的には、毎日60品目以上が準備された朝食、ホテル最上階の展望露天風呂、シモンズベッドなどが計画されており、場所柄を考慮した人間ドック販売プラン、退院後や見舞客向けのプランなどを検討しているとの事です。

なお、上の完成予想図を拡大してみると、駅ビルの名前は「VIERA(ビエラ)」になるのかな?というロゴが掲示されています。JR西日本の商業施設のブランドです。

関連リンク

この記事へのコメント(掲示板)

  1. ほんと!「VIERA」の文字が見えますね!

    1階のスーパーマーケットの情報もそろそろ出てこないかなぁ。

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.