吹田を中心とした大規模停電まとめ。復旧が完了しました。

吹田市南部を中心に、23日に発生した大規模停電は、発生から5日後の28日朝に元の送電ルートに戻りました。市内各所に発電機車を配備して、応急の送電を行ってきていましたが、これで復旧が完了しました。

関西電力の発表によると、23日中に停電はいったん解消したものの、別の送電ルートや発電機車による応急的な状態でした。発電機車は、関西電力所有分ではまかないきれず、中部電力からも応援に来ていました。

吹田の停電で稼働した発電機車(Twitterより)

吹田市高城町と南高浜町でケーブルの穴や油漏れが発見され、問題個所の特定が進むとともに、ケーブルの取り換えが行われ、28日6時36分に元の送電ルートでの送電が再開されたとのことです。

影響があった地域

今回の停電では、JR吹田駅、阪急吹田駅付近を中心に、江坂、豊津、相川、下新庄、岸部、千里丘に広がりました。

停電したエリア(地図の星印。町・丁目ごとの代表点。関西電力の停電情報を元にGoogleマップで作成)

特に影響が大きかったのは、朝5時43分の発生から14時15分まで復旧しなかったエリアで、主にJR吹田から岸辺に至る、JR京都線より南側です。今回問題となった送電線が、まさにJR京都線の南側に位置する吹田市末広町の変電所に向かう線であったことから、このエリアの復旧が遅れたものと思います。

影響があった施設

店舗

今回の停電の影響で、JR吹田駅周辺の商店街をはじめ、多くの店舗に影響しました。開店が遅れただけでなく、スーパーやコンビニなどでは冷凍食品などを廃棄することになった店舗もあります。

吹田市役所

大きな施設としては、停電エリアにある吹田市役所本庁が停電しました。池渕佐知子吹田市議が、吹田市から議員への報告を紹介されているので、それに基づくと、5時43分に停電が発生するとともに、自家発電装置が稼働するも電力容量がオーバーし、復旧できませんでした。このため、関西電力から発電機車が出動。9時20分にやっと3分の1の電力が復旧、完全復旧は11時5分でした。

停電の影響で、吹田市役所での業務開始が遅れるとともに、証明書コンビニ交付サービスも13時46分まで利用できませんでした。

吹田市は、関西電力とともに停電エリアに広報車を走らせて、状況を報告しました。また、片山市民体育館・目俵市民体育館・南吹田市民体育館を“熱中症シェルター”として開放していました。

済生会吹田病院

NHKニュースによると、吹田市川園町にある大阪府済生会吹田病院では、早朝から停電。自家発電機により、生命維持に必要な機器への電力は供給されるものの、レントゲン装置などは使用できなくなりました。

そのため、朝8時からの診療を開始できず、電力が復旧した11時ごろから診療が開始されました。また、朝日新聞によると、手術の実施が見合されたり、透析患者を他の病院へ移ってもらうといった対応も行われました。

1万4000戸余で停電続く 診療などに一時影響も 大阪 – NHK

大阪・吹田市にある大阪府済生会吹田病院では、23日午前5時半すぎからおよそ5時間にわたって停電し、午前8時からの診察を開始できませんでした。病院によりますと、入院患者のための人工呼吸器などは自家発電で動かしたものの、レントゲンなどの機器は停止させたということです。

病院のロビーは、診察を受けられずに待っている人でごった返していました。また、エアコンが停止していたことから、うちわをあおぐ人の姿も多く見られました。73歳の女性は「診察を受けられないので薬だけもらって帰ろうと思います。早く電気が復旧してほしいです」と話していました。

その後、病院では午前11時ごろに電気が復旧し、診察を開始したということです。


関西大学

関西大学では、千里山キャンパスの大半の建物が停電。図書館の利用やクラブ活動が中止されました。実施予定のあった講義は、電気が通っていた別の校舎で実施されました。

工場:アサヒビール・ヤマザキパン

吹田市内の停電エリアに工場を構えるアサヒビールとヤマザキパンも生産ラインが停止しました。

吹田で爆発音、送電線に不具合か 大阪の大規模停電 – 朝日新聞

アサヒスーパードライなどを生産するアサヒビール吹田工場では、一時、生産ラインがストップした。工場には自家発電設備はないという。生産停止は数時間程度で、アサヒグループホールディングスの広報担当者は「停電による大きな影響はない」と話している。

山崎製パンの大阪第一工場(吹田市)でも早朝からラインが止まり、食パンや菓子パンが生産できなくなったため、周辺工場で生産をカバーした。


道路

停電した地域では、道路の信号がすべて消えました。読売新聞によると、午前11時時点で少なくとも27か所の信号が消え、警察官約100人が動員され、交通整理が行われました。

鉄道・バス

停電の時間帯、吹田を通る鉄道、バスはいずれも遅れの情報が出ず、ほとんどありせんでした。ただ、阪急京都線正雀から茨木市駅間では信号が7分間表示されなくなったようです。読売新聞によると、河原町発梅田行き普通電車が一時運転を見合わせ、乗客約200人に影響が出ました。

まとめ

3万4,000軒を超える家庭や企業、店舗などに影響し、吹田市役所の業務や大阪府済生会吹田病院の診療も止まった大規模停電は、当日中に停電エリアが一応なくなり、1週間かからずに本復旧されました。その復旧の速さに驚きます。

一方で、この地域では、昨年1月、老朽化した水道管が破裂し、周辺の数世帯が断水。道路が通行止めになるということがありました。因果関係があるわけではありませんが、インフラのもろさも感じる“事件”でした。

関連リンク


スイタウェブでの情報発信について

スイタウェブでは各種報道を踏まえて8時25分に第1報を発信しました。その後、当日中に5本の記事を配信しました。また、Twitterでの情報発信として、約50件のリツイートにて情報を拡散しました。

運営体制上の制約から、インターネット上の情報を集約・整理した形の情報発信のみとなりました。また、9時頃に、アクセス集中をきっかけとしてスイタウェブのサイト設定が一部クラッシュし、Webサイト上では仮復旧状態での情報発信となりました。

そのため、ご不便をおかけした面や、期待に添わない不十分な対応だった面もあったかと思います。お詫び申し上げます。一方で、記事に連動したTwitterの投稿を多くの方々にリツイートいただきました。スイタウェブの発信する情報をご覧いただいた皆様、いいね、リツイートいただいた皆様に感謝申し上げます。

今後も、インターネットを中心に多方面から吹田の情報を収集し、できるだけ早く、できるだけわかりやすく情報を発信してまいりますので、スイタウェブをよろしくお願いいたします。

この記事へのコメント(掲示板)

  1. いつも吹田の情報をありがとうございます。
    サイト運営大変だとは思いますが、これからも期待しています!

    1. いつもご利用いただきありがとうございます。
      状況に応じて可能な限り、という程度のユルいペースでやっておりますが、
      今後とも、よろしくお願いします。

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.