朝日が丘町の老人ホーム、人工呼吸器の電源入れ忘れで職員が書類送検されました。

吹田市朝日が丘町の老人ホームで、人工呼吸器の電源が切れていて入居者が死亡した事件で、大阪府警は、一次的に切った人工呼吸器の電源を入れ忘れて、窒息死させたことが原因として、施設長と準看護師を書類送検しました。

新聞報道からご紹介します。

人工呼吸器の電源入れ忘れ、ホーム入居者を死なせた疑い – 朝日新聞

大阪府吹田市の有料老人ホーム「メディカル・リハビリホームくらら吹田」で昨年8月20日夜、入所中の重病の女性(68)が付けていた人工呼吸器の電源を入れ忘れて、窒息死させたとして、大阪府警は5日、施設長の女(36)=同府茨木市=と准看護師の女(53)=兵庫県伊丹市=を業務上過失致死の疑いで書類送検し、発表した。共に容疑を認めているという。

捜査1課によると、准看護師は「たんの吸引の際にアラーム音が鳴るのが煩わしく、普段から電源を切っていた」、施設長は「医療行為は医師や看護師に任せていた」と供述している。 女性は筋肉が萎縮する重病で、自発呼吸が困難だった。

呼吸器電源入れ忘れ女性死亡、老人ホーム施設長ら2人書類送検…ベネッセ系運営 大阪府警 – 産経ニュース

本来は吸引作業中も電源を切ってはならないが、准看護師は「電源を入れたまま吸引作業をするとアラーム音がしてわずらわしく、頻繁に電源を切っていた」と供述している。

施設はベネッセコーポレーションの関連会社「ベネッセスタイルケア」が運営。同社の老松孝晃取締役は「深くお詫びする。責任を痛切に感じている」と話した。一方、女性の遺族は「入居者の安全が軽視され残念。介護事業者には安全管理を徹底してほしい」とのコメントを出した。

関連リンク

コメントを残す(掲示板)