梅田で終電を過ぎても助かった「深夜急行バス」が廃止されます。

阪急バスが梅田から北摂方面に運行している「深夜急行バス」が3月30日(金)の運行を最後に廃止されます。日生中央、粟生団地と、吹田より遠くまで行くバスであるものの、新御堂を通る便は桃山台、千里中央にも止まり、場所によっては便利な存在でした。

深夜急行バスは、終電を過ぎた12時台や1時台にターミナル駅を出発し、郊外の住宅地まで行くバスです。阪急に限らず多くのバス会社が各地で運行しています。例えば、南海バスは梅田、なんばから和泉府中、河内長尾方面へ、奈良交通が梅田、なんばから生駒、五位堂、奈良方面へ運行しています。

阪急バスは、長らくの間「スターライナー」の愛称を付け、新阪急ホテル1階のバスのりばから、テリトリーの北摂方面へ、下記の3路線を運航していました。

  • 梅田0:50発 桃山台・千里中央・北千里・粟生団地行き
  • 梅田1:00発 池田・川西・日生中央方面 伏見池公園前行き
  • 梅田1:10発 桃山台・茨木・高槻行き

平日は毎日運航し、飲み会や残業の強い味方となっていました。

ただ、利用者数の低迷のためか、昨年3月末をもって「桃山台・茨木・高槻行き」を休止し、後の方面も金曜日と祝前日(から日が変わった深夜発)のみの運行へと削減されていました。

吹田は大阪市の北隣で、梅田からさほど遠くないものの、行き先の通り、千里ニュータウンエリアは恩恵を受けられました。

桃山台は新御堂の側道にある高速バス「千里ニュータウン」バス停、千里中央はセルシー西側のバス停に止まります。そのため、御堂筋線の千里中央行き最終は23:56梅田発。終電の逃しても約1時間は大丈夫です。また、北千里はロータリー入口に止まります。千里線の終電は0:00梅田発。こちらも約1時間あります。

このため、金曜日の飲み会は多少延びても安心でしたが、3月2日に、今月末の金曜日である3月30日の深夜の便を最後に廃止することが発表されました。「休止」ではなく「廃止」なので、阪急バスとしては、復活させる予定がないという大きな方針であるものと思います。

関連リンク

この記事へのコメント(掲示板)

コメントを残す(掲示板)

日本語を含まないコメントは投稿できません。
Non-Japanese comments are not accepted.