阪急京都線で人身事故がありました。京都線・千里線・堺筋線が遅れています。

4月1日16時10分ごろ、阪急京都線の正雀駅と相川駅の間で人身事故がありました。その影響で、阪急京都線、千里線、地下鉄堺筋線はおよそ1時間40分に渡って運転を見合わせ、22時30分現在も電車が遅れています。

「踏切で寝転んでいた」と運転士 阪急特急にはねられ高齢男性死亡 – 産経ニュース

1日午後4時10分ごろ、大阪府吹田市岸部南の阪急京都線の踏切で、男性が河原町発梅田行き特急電車(8両編成)にはねられ、死亡した。乗客にけがはなかった。大阪府警吹田署によると、所持していた身分証から同市内に住む男性(65)とみて身元確認を進めるとともに、自殺と事故の両面で調べている。

阪急電鉄によると、運転士が遮断機をくぐって線路上に寝転ぶ男性を発見、急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。この影響で上下線計10本が最大約45分遅れ、約1万2千人に影響した。

事故現場付近の地図