片山町の商業施設計画 JRが完成イメージを発表しました。

JR西日本が、吹田市片山町の社宅跡地で開発する商業施設の完成イメージを発表しました。よくあるような、小規模なショッピングセンターではなく、木目を多用した、おしゃれな印象の施設になるようです。

施設の名前が吹田グリーンプレイスに決まりました。出店情報はこちら

JR西日本の発表によると、建物の外壁に木を多用し、緑を配置した広場も設けて、日常の買い物だけでなく、のんびりと時間を過ごせるような施設にするとの事です。計画されている店舗構成は、食品スーパー、ドラッグストア、レストラン、カフェ、クリニックです。具体的な店舗は発表されていませんが、食品スーパーは阪急オアシスとなる見込みであることが明らかになっています。

それでは、発表されたイメージを紹介します。

ウエストゾーン(西側) イメージ

片山町のショッピングセンター イメージパース

片山町のショッピングセンター イメージパース

片山町のショッピングセンター イメージパース

イーストゾーン(東側)イメージ

片山町のショッピングセンター イメージパース

片山町のショッピングセンター イメージパース

店舗数は20店舗、開業は来年春の予定です。ただのスーパーができるわけではなく、期待が膨らみそうです。

この記事へのコメント(掲示板)

コメント投稿の受付は終了しました。