JRによる片山町の開発は「阪急オアシス」

JR西日本グループが大和大学の周辺、吹田市片山町で商業施設を計画していますが、その1つがスーパーマーケット「阪急オアシス」となりそうであることがわかりました。事業を推進する「JR西日本大阪開発」が大阪府に届け出ました。

追記:  商業施設の名前は「吹田グリーンプレイス」、店舗の詳細も発表されました。

片山町の商業施設開発は、大和大学の敷地南側と道路を挟んだ東側の2か所で計画されています。今回、阪急オアシスがオープンするとわかったのは東側です。

計画地の地図

大阪府への届出によると、店舗の事業者は「株式会社阪食」など。阪食は、「阪急オアシス」を展開する会社です。同社は、以前ニッショーやファミリーストアなどの店舗も展開していましたが、現在はオアシスだけであり、オアシスとしてスーパーが設けられるものと思います。

開店は来年5月1日、営業時間は9時から23時を予定しています。

今回の届出は、周辺住民へ意見を聞くためのもので、店舗の規模や営業時間等が変更される可能性はあります。