日本生命 千里山総合グラウンドを売却 住宅用地に?

日本生命保険は、吹田市円山町に設けるスポーツ実業団チームの拠点を大阪府貝塚市に移転すると発表しました。

円山町の施設は「日本生命千里山総合グラウンド」と名づけられ、野球場、陸上競技場、テニスコート、寮、クラブハウスなどがあります。これらの機能を、ユニチカから譲り受ける貝塚市の土地・建物に移転させるようです。移転先は、「東洋の魔女」と呼ばれた1964年の東京オリンピックの女子バレーボール代表チームを輩出した実業団チームが使用した体育館も含まれるようです。

千里山総合グラウンドは、円山町の名神高速道路に面し、広さは8万5,000平方メートルに上ります。建築ニュースの記事によると、10月にも売却され、住宅用地として再開発されます。

関連リンク

この記事へのコメント(掲示板)

コメントを残す(掲示板)