新御堂筋で死亡事故がありました。

新御堂筋でタンクローリーと接触、バイクの男性死亡 大阪・吹田、運転手を現行犯逮捕 – 産経新聞

17日午前6時10分ごろ、大阪府吹田市竹見台の新御堂筋(国道423号)南行きで、同じ方向に走行していたタンクローリーと小型バイクが接触。バイクは転倒し、40代くらいの男性が頭などを強く打って死亡した。大阪府警吹田署は自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で、タンクローリーを運転していた同府高石市の会社員の男(49)を現行犯逮捕した。

同署によると、目撃者の話などから、後方を走っていたバイクがタンクローリーの左側をすり抜けようとして接触した可能性が高いとみて、男性の身元と詳しい事故原因を調べている。

この記事へのコメント(掲示板)

  1. これでタンクローリーの運転手が逮捕されるなんて納得できない。車に乗るのが怖くなります。
    バイクの運転手の「自爆」でしょう。バイクはこういう危険な割り込み、すり抜けが本当に多い。厳しく取り締まってほしい。非常識な運転をしたあげくに勝手に事故を起こし、自分が死ぬだけならともかく、たまたまそばにいた運転手に迷惑をかける。とんでもないことです。

  2. 人が死ぬって意味をよく考えて欲しい。それと道路を走る以上お互いが事故にならないように注意すべきだと思う。自分が正しいなら人が死んでも良いと思うような人には道路を運転しないで欲しい。

コメント投稿の受付は終了しました。