吹田市長選 後藤氏が初当選 ジャルジャル後藤さんの父

4月26日投票が行われた吹田市長選挙は即日開票され、自民党、公明党が推薦した元吹田市職員の後藤圭二氏が初当選した。

市長選は、現職の井上哲也氏、元市長の阪口善雄氏に、元市議の山口克也氏と後藤氏の4名が立候補していた。

井上氏は大阪維新の会公認で2011年に立候補し、初当選を果たしたが、在職中に随意契約で自身の後援企業に発注し、維新の会の顧問を解任されるなど、いくつか不祥事が発覚していた。2011年に井上氏に敗れた元市長の阪口氏は復帰を目指して、また、過去に阪口氏と市長選を争った山口氏も立候補したが、吹田市の前道路公園部長の後藤氏には及ばなかった。

後藤氏はお笑いコンビ「ジャルジャル」の後藤淳平さんの父。

得票数は次の通り。

当落立候補者名年齢党派新旧得票数得票率
井上 哲也58無所属 36,092票26.6%
当選後藤 圭二57無所属、自公推薦 43,368票32.0%
山口 克也51無所属 13,786票10.2%
阪口 善雄66無所属、民主・社民推薦 42,450票31.3%

関連リンク

この記事へのコメント(掲示板)

コメント投稿の受付は終了しました。