吹田市が引き取り 岡本太郎作カーニバルプラザの看板

あわや廃棄処分、岡本太郎氏デザインの大看板 – 朝日新聞
大阪万博のシンボル「太陽の塔」の作者、岡本太郎氏(1911~96)がデザインし、大阪府吹田市のレストランに飾られていた大型看板が、閉店による処分の危機を乗り越え、市に引き取られた。万博を振り返る特別展の企画にあたった市民らが、持ち主や市に働きかけた。「リオ」という愛称も付き、特別展の入り口で来場者を迎えている。

関連記事
岡本太郎デザインの看板が処分の危機 カーニバルプラザの営業終了で – 2007年10月5日

関連リンク
吹田市立博物館 – 開催中の「’07EXPO’70」の情報も
アメニティ江坂の地図 – スイタウェブ 地図検索
吹田市立博物館の地図 – スイタウェブ 地図検索