吹田サッカースタジアムについて、ガンバ前社長と担当した建設コンサルタントへのインタービュー記事を紹介します。

市立吹田サッカースタジアムの建設秘話を記事にしたニュースをご紹介します。金森喜久男・前ガンバ大阪社長とスタジアムの建設コンサルタントを担当した安井建築設計事務所・常務執行役員のインタービュー記事が載っています。

圧倒的に素晴らしい市立吹田サッカースタジアムは、なぜ安価で建設できたのか? キーマンに聞く 建築秘話 – SOCCER KING

「圧倒的」「壮観」「臨場感」「観るものを魅了する」「理想の」……

今年2月14日に名古屋グランパスとの試合でこけら落としされる、市立吹田サッカースタジアム。その内部を取材した人間として感想を述べるなら、このような言葉ばかりになる。まだ観客も入っていなければ、当然ながら試合も行なわれていない。いわば“主役”がまだ不在、メインイベントはこれからお目見えするはずのスタジアムにこれほど感嘆を覚えた経験は、少なくとも国内のスタジアムでは記憶にない。

 

それほどまでに、心が沸き立たせるスタジアムが、まもなくこけら落としされる。サッカー界のみならず、日本のスポーツ界において一つのエポックメイキングな事件になることは間違いないだろう。そんな市立吹田サッカースタジアムが、140億円という安価で、それも税金を使わず民間の寄付で建設されたことも、すでに多くの人が知るところだ。

しかし、「なぜ」140億円で収められたのかについては、それほど多くの情報はないように思う。また、市立吹田サッカースタジアムは大きな魅力を持つスタジアムである反面、ある意味“特例”だと思われている部分もあるのではないだろうか。

スポーツマーケティングナレッジ編集部は今回、前ガンバ大阪社長・金森喜久男氏のご紹介をいただき、同スタジアムの建設コンサルタントを担当した(株)安井建築設計事務所・常務執行役員の水川尚彦氏にお話を伺うことができた。(抜粋)

コメントを残す(掲示板)