古江台に「理化学研究所」の拠点ができました。

千里ニュータウンの中、吹田市古江台に「理化学研究所」の拠点ができました。スーパーコンピュータ「京」やSTAP細胞問題で話題の理研です。神戸市のポートアイランドや横浜市にあった「生命システム研究センター」を吹田に移転しました。

移転してきた場所は、阪急山田駅から北千里方面へ徒歩10分ほどのところにあります。今年3月まで「大阪バイオサイエンス研究所」という研究機関があった場所で、土地と建物を大阪市から無償譲渡されました。今後は「理化学研究所 大阪地区」と呼ばれるようです。

理化学研究所 大阪地区の地図

なお、この研究センターは、大阪大学吹田キャンパスにも拠点があります。こちらは、万博外周道路から見える建物です。大阪大学大学院生命機能研究科 生命システム棟に入っています。

大阪大学大学院生命機能研究科 生命システム棟の地図

研究機関が移転しても、いまいちピンときませんが、11月に古江台の拠点に入る機会があります。11月7日、一般公開のイベントが開催されます。講演会、研究者と科学について語るイベント、実験室や実験装置の見学、ペーパークラフト制作、研究紹介、理研グッズ販売などが予定されています。

関連リンク

追記

一般公開された時の様子がホームページで公開されています。(2016/1/2追記)