千里丘・ミリカのマンションにタニタ食堂

千里丘の毎日放送千里丘方法センターやミリカプール等の跡地を再開発した新築分譲マンション「ザ・ミリカシティ」(吹田市千里丘北)の中に、健康機器メーカーのタニタが手掛ける「タニタ食堂」がオープンしました。マンションの敷地内でありながら、マンション住民以外も利用できるようです。

ミリカ タニタ食堂
ザ・ミリカシティ公式サイトより

タニタ食堂は、東京・丸の内に第1号店がオープンし、当初は整理券が配れられ、かなりの行列ができた人気のお店。当初は丸の内の1店舗でしたが、少しずつ増えています。関西では奈良県天理市の高井病院にあります。

メニューは、カロリーや食塩を制限して栄養バランスを考えつつも、ボリューム感のある健康的な定食が食べられるのが特徴。千里丘にオープンした「ミリカ タニタ食堂」も同様で、メニューは、日替わり定食(税込880円)、野菜350g定食(同1,100円)など。基本は昼の営業のようですが、土曜日のみ夜の営業も行うようです。

産経ニュースで動画が配信されていたので紹介します。

タニタ食堂ができたミリカシティは、毎日放送が千里丘放送センターやミリカプールを閉鎖したことに伴い、再開発されて誕生したマンション群です。ライオンズマンションの大京のほか、東京建物、関電不動産、長谷工コーポレーション、新日鉄興和不動産が共同で開発しました。最初に完成したのは2013年の3月で敷地の約半分が「ミリカ・ヒルズ」として入居が始まりました。また、今年3月には「ミリカ・テラス」が完成。「テラス」の中の共有スペースにタニタ食堂があります。


マンションは完成していますが、残念ながら完売はしておらず、現在も販売中です。SUUMOによると、80㎡、3,150万円から。最寄り駅はJR千里丘駅ながら距離がありますが、吹田市内ではかなり広い部屋が選べる物件です。

ミリカが位置する千里丘北周辺では、最近、ミリカの再開発に伴う人口増加により吹田市立千里丘北小学校ができ、吹田徳洲会病院も開業しましたが、毎日放送跡地にはまだ空き地が残されており、さらなる開発が進みそうです。

関連リンク