北大阪急行の駅にホーム柵が設置されます。

北大阪急行の各駅にホーム柵が設置されることになりました。大阪府が2016年度予算で千里中央駅、緑地公園駅、桃山台駅の工事費に対して補助金の交付を予定しています。

ホーム柵は、乗客がホームから線路に転落することを防止するためのものですが、工事費用が高額で広く普及には至っていません。国と地方自治体が補助金を出し、鉄道会社の負担が1/3になるようにして、少しずつ設置され始めている状況です。

すでに設置されている駅で吹田市民が目にする可能性が高いのは、地下鉄御堂筋線天王寺駅、心斎橋駅、地下鉄長堀鶴見緑地線各駅、JR東西線北新地駅、新大阪駅の新幹線ホームなどでしょうか。また、JR高槻駅にはこの週末から使用される新しいホームに、ロープを使ったホーム柵が設置されています。

今回設置されることになる北大阪急行の対象駅は、北急が管理している3駅です。御堂筋線との境界線の江坂駅は大阪市交通局管理ということもあり、含まれていません。

工事時期などは明らかになっていませんが、詳しいことが分かりましたら、またご紹介します。

関連リンク