ドリカム 万博公園ライブの様子をご紹介

7月19日(日)に万博公園東の広場で、DREAMS COME TRUEのライブ「MBS presents 私のドリカム THE LIVE in 万博公園」が開催されました。

私のドリカム ライブの様子
音楽ナタリーより

このライブはDREAMS COME TRUEのベストアルバム「DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム」の発売を記念して開催れました。ライブは、HY、May J.、Little Glee Monster、三浦大和、E-girlsとゲストアーティストによるライブが行われ、おおとりとしてDREAMS COME TRUEが登場したようです。

当日の様子をインターネットニュースから紹介します。

DREAMS COME TRUE、後輩たちとの競演で魅せた万博公園ライブ– 音楽ナタリー

DREAMS COME TRUEが昨日7月19日に大阪・万博記念公園 東の広場 特設ステージにて野外ライブイベント「MBS presents 私のドリカム THE LIVE in 万博公園」を開催。集まった3万5000人のファンを熱いパフォーマンスで魅了した。

イベントはベストアルバム「DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム」の発売を記念して企画されたもので、主役であるドリカムのほか、ゲストとしてE-girls、HY、Little Glee Monster、May J.、三浦大知が登場。トップバッターを務めたHYは「決戦は金曜日」からライブを開始し、満員のオーディエンスを熱狂させる。続くMay J.は「Let it Go」を歌い上げたほか、「この曲を聴くともう一度がんばれる、特別な曲」という言葉からドリカムの「何度でも」をカバーした。

ドリカムライブに3万5千人熱狂 E-girls、May J.ら豪華アーティストが名曲カバー – モデルプレス

ステージ中盤には、女子中高生ボーカルユニット・Little Glee Monsterが登場。「ドリカムさんは大好きで、神様のように遠い存在ですから…」と謙遜しつつも、カバー曲「朝がまた来る」で力強くも艶っぽい歌声を響かせる。他にも、デビュー曲「放課後ハイファイブ」や「好きだ。」など10代ながらも貫禄あるステージで次のステージへとバトンを繋いだ。

本イベントで唯一の男性ソロボーカリストである三浦は、力強い歌声、そして緻密に作り込まれたキレのあるダンスでオーディエンスを圧倒。「ふれあうだけで~Always with you~」や新曲「music」など多彩な楽曲で観る者の心をつかむと、「大好きで思い出深い曲」と話した「未来予想図Ⅱ」をカバーし、男性ならではの表現、歌唱力で見事に歌い切った。

太陽の塔を見ながらドリカム「大阪LOVER」熱唱 – 報知新聞

吉田美和(50)は登場するなり「万博ベイビーズ、うれしすぎて死にそうだなぁ」と涙を見せた。計10曲のステージは「うれしい!たのしい!大好き!」「やさしいキスをして」「LOVE LOVE LOVE」「決戦は金曜日」などヒット曲のオンパレード。吉田は「何もかもが胸いっぱいなのさあ。ここでライブができてんのが信じらんしょー?」と、故郷・北海道の方言で最大級の喜びを表現した。