エキスポシティとJR茨木を結ぶ路線バスが16日から運行されます。

阪急バスと近鉄バスは10月16日より、JR茨木と万博記念公園駅を結ぶ新たな路線のバスを運行することを発表しました。毎日1時間に4本。エキスポシティの開業に対応する路線です。


新たに運行されるのは、「JR茨木」と「万博記念公園駅(エキスポシティ前)」を結ぶ路線です。阪急バスと近鉄バスの共同運航路線となります。

経路は、JR茨木を出発し、エキスポロードを万博方面へ。万博外周道路の東側を走って万博記念公園駅に到着します。折り返しの便は、万博記念公園駅から外周道路の西側を走り、エキスポロードを通ってJR茨木に戻ります。

エキスポロードにはいくつかバス停がありますが、近鉄バスの運行便は各駅停車、阪急バスは万博外周道路のバス停(日本庭園前)までノンストップとなります。

阪急バス・近鉄バス エキスポシティのバス路線
近鉄バスの発表より

運転本数は、近鉄バス運行の各駅停車が1時間に2本、阪急バス運行のノンストップ便が1時間に2本の合計4本です。15分間隔で交互に運航されます。JR茨木駅出発の時間で7時40分から21時25分まで、万博記念公園駅出発の時間で8時5分から21時50分まで、平日・土曜・休日の毎日すべて共通のダイヤで運行されます。所要時間は15分~20分ほどでしょうか。ただ、開業後は渋滞の影響を受けるものと思います。

ちなみに、万博記念公園駅のバス停の名前に「エキスポシティ前」と付けましたが、この路線の運行にあわせて、万博記念公園駅のバス停の名前に「エキスポシティ前」が付きました。もともとは、「エキスポランド」という名前のバス停でした。

エキスポランドが閉園した後、「万博記念公園駅」という名前に変更されながらも、JR茨木や千里中央を結ぶバスは運行されていましたが、平日は1本もバスが来ず、週末も1日に数えるほどという状態まで減っていました。これが毎日1時間に4本のバスで結ばれることになります。

エキスポシティ開業まであと1カ月少々。お店もアクセス情報も少しずつ具体化してきました。

関連リンク