いよいよ桜が満開!万博のお花見の話題をお届けします。

いよいよ桜のシーズンになりました。今年は4月2日が満開予想でしたが、途中寒くなった事もあり、満開は5日頃にずれ込んでいます。ただ、万博公園はすでに5分咲きとなっており、週末に十分お花見できる状態になっています。

少し前にも、万博公園の桜まつりの情報をご紹介しましたが、エキスポシティと連携したキャンペーンや、公園内の新しい交通手段など、続報もありますのでご紹介します。

万博公園 桜の開花状況。2016年3月30日現在5分咲きです。(万博記念公園 公式ホームページより)
万博公園 桜の開花状況。2016年3月30日現在5分咲きです。(万博記念公園 公式ホームページより)

おさらい「万博公園 桜まつり」について

  • 日時: 開催中~4月10日まで 毎日 9:30~21:00
  • 場所: 万博記念公園 自然文化園・日本庭園

その他、詳しくは以前の記事をご覧ください。

万博公園の交通アクセス

クルマ

万博公園の駐車場は、9:00からオープンしています。土日は大変な混雑が予想され、午前中にすべての駐車場が満車になる可能性があります。

エキスポシティの駐車場も大変な混雑が予想されます。また、サッカー開催時間帯(2日(土)19:00~21:00、6日(水)19:00~21:00)に駐車している場合、特別料金6,000円がかかる場合があります。

万博公園周辺の地図、駐車場の位置などはこちらをご覧ください。

大阪モノレール

大阪モノレールは、桜まつり開催期間中は臨時ダイヤで運行されます。詳しくは、大阪モノレールの案内を参照ください。

大阪モノレール臨時列車の案内
2日(土) 3日(日) 4日(月) 5日(火) 6日(水) 9日(土)・10日(日)

路線バス

JR茨木駅より15分に1本の割合で万博記念公園へバスが運行されています。(平常通り)サッカー開催日は、試合開始と終了時間にあわせて、臨時バスが運行されます。(茨木駅~万博記念競技場前臨時バス停)

万博公園内の交通手段

万博公園内では、春と秋のシーズンに汽車型の乗り物「森のトレイン」が運行されています。この春は4月2日からゴールデンウィークまでの土日・祝日に運行されます。運行エリアは、自然文化園の西半分を周回するルートです。1回300円です。詳しいルートは大阪府の発表を参照ください。

また、新しい乗り物も導入されます。4月2日から自転車タクシーが運行されます。混雑状況によるものの、森のトレインが走らない東側のエリアも含めて、目的地まで500円できます。こちらも土日祝日に利用できます。

万博公園 自転車タクシー 3色
万博公園 自転車タクシー 3色
万博公園 自転車タクシー 乗車イメージ
万博公園 自転車タクシー 乗車イメージ

エキスポシティの特典

自然文化園の入園とエキスポシティの買い物でお得な特典が用意されています。

自然文化園の入園券が割引券になります

桜まつり期間中の自然文化園入園券を提示すると割引などの特典を受けられるお店があります。各店舗のサービスはららぽーとEXPOCITYの案内[PDF]を参照ください。

3,000円以上の買い物でグッズがもらえます

桜まつり期間中の自然文化園入園券と、当日合計3,000円以上のEXPOCITY店舗レシートで、オリジナル折りたたみクッションをプレゼントします。(当日先着200名)

桜まつり期間後に使える自然文化園の入園割引券がもらえます

桜まつり期間中にEXPOCITYで買い物をしたレシートで、自然文化園の入園割引券(通常大人250円→180円)がもらえます。

詳しくは大阪府の発表を参照してください。